IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「オオタニ、半端ないって」
ピッチングニンジャが語る大谷翔平の凄さ

「軌道から球種を予測することは不可能」

大谷の投球について「軌道から球種を予測することは不可能」とピッチングニンジャは分析
大谷の投球について「軌道から球種を予測することは不可能」とピッチングニンジャは分析【スポーツナビ】

 まず、オーバーレイのそもそもの目的は、ピッチトンネルの概念を正しく理解することにある。

 

 ピッチトンネルとは、米データサイト『ベースボール・プロスペクタス』が2017年1月に言語化したもの。ホームベースの手前約7メートルの位置に小さな輪(トンネル)があるとイメージし、もしも複数の球種がその狭い輪の中を通るなら、打者は球種の判断が困難となり、仮にその輪を通過した後で球種を判別できたとしても、もはやボールは打者の手元にあり、反応する時間が残されていない――という理論構成になっている。


 文字だけではその意味を伝えにくいが、映像を重ね合わせることで、そのことがイメージしやすくなる。ピッチングニンジャがオーバーレイの映像をSNSに投稿を始めたのも、「みんなにそのことを理解してほしかったから」だそうだ。


 今回も、そうした理解を深める前提で大谷のオーバーレイを作成してもらったが、でき上がった映像は、想定を超えた。YouTubeスポーツナビ公式チャンネル内でも説明しているが、フォーシームとスライダーの軌道が、見事に一致したのである。


 もちろん、軌道が似通っていると仮説を立てた上で作成を依頼したわけだが、特定のシーンを切り出したのでもなく、同じ打者に対してフォーシーム、スライダー、スプリットの3球種を投げているシーンを無作為に抽出しただけ。それですでに紹介した動画のような結果が得られたのである。


 では、この映像から具体的にどんなことが分かるのか。


 それがYouTubeの第2回動画で紹介している内容でもあるので、ここではそのさわりだけに留めるが、真っすぐとスライダーの軌道が一致することの効果を、ピッチングニンジャはこう解説した。

「これだけ似ていれば、打者が軌道から球種を判別することは難しい。打者としては大谷のような速い球を投げる投手と対戦する場合、その一番速い球にタイミングを合わせているので、スライダーが来たら、ヤマでも張っていない限り対応できないのではないか」


 実際このときも、打者のバットが大谷のスライダーに空を切ったあとで、捕手のミットにボールが収まった。完全にタイミングを外されていた。


 また、この動画では大谷が高い位置からスプリットを落としているが、その利点についてはこう説明する。


「スプリットを高めから落とすことで、打者は真っすぐとより錯覚しやすくなる」


 スプリットは、低ければ低い方がいい、というわけではない。大谷のスプリットは90マイル(約145キロ)前後。これが高めに来ると体感ではもう少し速く感じられるので、もはや打者にはフォーシームとしか映らない。ただでさえ大谷のスプリットはフォーシームと横の変化量がほぼ一致し、区別がつきにくいのに、高めに投じることで、より相手の錯覚を誘う。仮に低めから落ちるスプリットには目が慣れていたとしても、高めからというのは稀なので、さらに手に負えない。被打率が低くて、当然なのである。

打者は0.25秒前まで球種を判断できない

大谷は打者が0.25秒前まで球種を判断できないボールを投げている
大谷は打者が0.25秒前まで球種を判断できないボールを投げている【写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ】

 なお今回、球種が分かる地点を時間でも割り出してみた。


『ベースボール・プロスペクタス』は、ピッチトンネルの位置をホームベース手前約7メートルとしているが、それを時間に置き換えた場合、どの地点でそれぞれの球種の枝分かれが始まるのか。


 それを映像のコマ送りでざっくり算出したところ、ホームベースに到達する約0.25秒前だった。つまり打者は、ホームにボールが到達する約0.25秒前まで、大谷の球種を判断できない、ということになる。


 理論上、打者が球種を判別し、ストライクかボールかを含めて、振る、振らないの決断を下し、ボールにコンタクトするのに要する時間は約0.15秒とされる。


 STATCASTのデータを検索できる『ベースボール・サバント』では、ホームプレート到達0.167秒前が、打者が最終的に決断を下す地点としている。そう考えると0.25秒というのは、まだ打者に余裕があるようにも感じられるが、大谷の真っすぐは100マイル近いので、0.25秒前に球種が分かったところで、どこまで反応できるか。


 ピッチングニンジャも、「気付いたときにはもう、手遅れではないか」と指摘した。


 さて、動画の内容に触れるのはここまでにしておきたいが、ピッチングニンジャは、他にも動画の中で投手・大谷の長所について触れている。


 ここでは、ひとつだけ紹介したい。


「彼は、状況が厳しければ厳しいほど、ギアを上げる。それは過去の偉大な投手に共通する部分だ。だから、彼を見ていると本当に楽しい。同時に素晴らしいアスリートであり、闘争心を前面に出す。時にユニークな表情を見せるのも楽しめる部分だ」


 参考までに関連するデータを紹介する――。


★被打率(2021)

・走者なし  .238

・走者あり  .154

・得点圏   .122


 こうしたデータも踏まえた上で、ピッチングニンジャはこう大谷を評した。


「FORCE OF NATURE」


 意訳すると、「オオタニ、半端ないって」である。

丹羽政善
丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント