【WEリーグ開幕】INAC神戸vs大宮V 田中美南×有吉佐織「初○○に注目!」

早草紀子

「大宮Vは何をしてくるのか分からないから怖い」(田中)

大宮Vは新規チームのため情報が少ないうえに好選手がそろっているため、田中は「流れを持っていかれてしまうかもしれない」と警戒する 【スポーツナビ】

――もう少し具体にお願いします(笑)。

有吉 開幕戦で戦う相手なのであまり言いたくないんですけど(苦笑)、個性が強くて、いろいろなサッカーに対応できると思います。フィジカルが強かったり、背が高かったりする選手もいるし、(上辻)佑実のように気が効いたり、キックがうまい選手もいる。いろいろな強みを持った選手が集まっています。

田中 うちも個性が強い選手が集まっているんですけど、個々の能力プラスチーム力もあって、サイド攻撃に特長があるのかなって思います。

有吉 INAC神戸はダイナミックなプレーの質が高い印象です。攻撃の選手が強烈だし、GKにヤマ(山下杏也加/ベレーザから移籍)が入ったので、ビルドアップが安定するし、縦に速い攻撃もできるようになるんじゃないかなって。できれば対戦したくない。

田中 いやいや、開幕戦カードですけどね(笑)。

有吉 そっか(笑)。とりあえずシュートで攻撃を終わらせるにしても、キャッチされるようなシュートはやめようと話しています。そこからミナや高瀬(愛実)への1本があるので。ミナをはじめ元チームメートもいて、能力を知っているからこそ怖い。(新監督の)星川(敬)さんの戦術も緻密だろうし……めっちゃ怖い(笑)。

田中 大宮Vは正直、分からなすぎ(笑)。プレシーズンマッチは少し見ましたけど、そこからさらに良くなっていると思うから、あまり参考にならない。何をしてくるのか分からないので怖いです。アリさんをはじめ経験のある選手もいるし、要所要所で良いプレーをする選手がそろっているので、うまくハマったら、流れを持っていかれてしまう怖さがあります。

――開幕戦のカードを知ったときは、どう思いました?

有吉 「うわ〜、INAC神戸かよ〜!」と思いました(笑)。ミナとはマッチアップしたくないけど、楽しみな気持ちもあります。レベルの高い相手と戦えるのは、選手としてうれしいので。実際に試合では楽しんでいる余裕なんてないと思いますけど(笑)。

田中 とにかく怖いなって。チームとしての経験が浅い分、成長スピードが早いと思うので。メンバーは知っている選手ばかりですけど、その選手たちが集まったときにどうなるのかは分からない。どういうサッカーをしてくるのかも不明。だから、開幕戦は避けたかったです。せめて1試合を終えた第2節とか。一度試合を見ておきたかったので(笑)。

――お互いに聞きたいことはありますか?

有吉 なんだろう……あ、オリンピックについて聞きたい。どうだった?

田中 悔しかった!

有吉 そうだよね。

田中 個人的には自信につながる大会でした。半年間ドイツに行って、常日頃から外国人選手と戦った経験は間違いなくプラスだったなって。だから、良い外国人選手がWEリーグにたくさん来るようになれば、代表チームのレベルも絶対に上がっていくと思います。

有吉 知っている選手が多かったから、親心で「ガンバレ〜!」と応援しながら見ていた(笑)。ミナの調子も良かったし、すごく落ち着いていた。19年女子W杯のメンバーから落選して、悔しい気持ちを抱えていた姿を近くで見ていたから、良かったなって。最初はスタメンじゃなかったけれど、大会中にスタメンの座を勝ち取って。チームは負けちゃったけど、ミナが活躍したのはうれしかったな。

「愛されるチームにならなきゃいけない」(有吉)

新規チームだからこそチームカラーを大事にし、「大宮Vのサッカーが好きと思ってもらうことが一番大事」と有吉は力を込めた 【スポーツナビ】

――東京五輪終了後、近賀ゆかり選手(サンフレッチェ広島レジーナ)が「日本のたくさんの人が応援したくなるスポーツにしていく努力をしていきましょう!!」と発信しました。あのメッセージを受けて、WEリーグを盛り上げるためにできることについて、何か考えましたか?

有吉 SNSの発信とか、いろいろあると思うんですよね。でも、来場してくださった方々に、もう一回見たいと思ってもらえるような試合をすること。結果も大事なんですけど、優勝するチームもあれば、最下位になるチームもある。だから、チームカラーを大事にしたいです。「大宮Vのサッカーが好き」と思ってもらうことが一番大事だと思うので。だから今、土台作りに力を入れています。歴史のあるベレーザやINAC神戸、浦和にはそれがあるけれど、大宮Vにはまだないですから。愛されるチームにならなきゃいけないし、そういうサッカーをブレずにやっていかないといけないって強く思っています。

田中 あの発信は近賀さんだからできることだし、近賀さんが言うことに意味があると感じました。アリさんの大宮Vとは違ってINAC神戸はやっぱり結果が求められているので、ゴールは求め続けていきたいし、リーグ優勝を成し遂げることでファンも増えるかなと思います。個の価値も高めないといけないので、ゴールはもちろん、SNSも頑張りたいと思います。

――では最後に、開幕戦に向けた意気込みを聞かせてください。

有吉 キックオフ時間(10時)が最も早いのは、このカードに対するWEリーグの期待の表れだと思うので、その期待を裏切らないように、「これがWEリーグだ」っていう試合をしたいと思います。

田中 注目度はベレーザ対(三菱重工浦和)レッズ(レディース)の方が高いかもしれませんが(笑)、関西では地上波でも放送されるし、クラブも5000人満員プロジェクトをやっていて。ユニホームやモンダミンなどの来場者プレゼントを用意しているので、ぜひ来てもらいたいです。勢い良くゴールに迫って、たくさんのゴールシーンを届けられるような試合にしたいと思います。来場できなくても、DAZNでINAC神戸対大宮Vを見てから、ベレーザ対レッズが見られるので、その日は1日中WEリーグを見てほしいです。

――どこよりも早いキックオフなので、「WEリーグ初○○」がすべてINAC神戸対大宮Vで生まれるかもしれません。

有吉 何が生まれるかな? 初スローインとか?

田中 初クロスとかもありますよ。

有吉 欲しいのは初ゴールですよね。私だって狙えるかもしれない。あ! 絶対に生まれるヤツ、分かった。初コイントス!!

田中 それ、決まっているヤツだから(苦笑)。

(企画構成/YOJI-GEN)
田中美南(たなか・みな)
1994年4月28日生まれ、タイ出身。2007年に日テレ・メニーナに入団し、2010年にU-17女子W杯に出場した。ベレーザに昇格した12年には日本で開催されたU-20女子W杯に出場。13年3月にはなでしこジャパンデビューを果たし、初ゴールも決めた。20年1月にINAC神戸レオネッサに移籍し、21年2月から約半年間、期限付き移籍でドイツのレバークーゼンでプレー。今夏の東京五輪ではチリ戦、スウェーデン戦でゴールをマークした。
有吉佐織(ありよし・さおり)
1987年11月1日生まれ、佐賀県佐賀市出身。神村学園中等部、同高等部を経て日本体育大に進学。在学中に特別指定選手として東京電力女子サッカー部マリーゼに登録され、なでしこリーグデビューを飾った。大学卒業後の2010年に日テレ・ベレーザに加入し、FWからサイドバックにコンバートされた。なでしこジャパンには12年から19年まで選出され、15年の女子W杯に出場。21年に新規チームである大宮アルディージャVENTUSに移籍した。

2/2ページ

著者プロフィール

早草紀子

東京工芸短大写真技術科卒業。1993年よりJリーグ撮影を開始。1996年から日本女子サッカーリーグのオフィシャルカメラマンとなる。以降、サッカー専門誌で培った経験を武器に、サッカー撮影にどっぷり浸かる。現在はJリーグ・大宮アルディージャのオフィシャルフォトブラファーであり、日本サッカー協会オフィシャルウェブサイトでは女子サッカー連載コラムを担当している

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント