IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あの日、流した涙を忘れない
F1参戦・角田裕毅のターニングポイント
【Samo Vidic/Red Bull Content Pool】

 悔しくて泣くのは、あれが最後だと思う。


 4年前、僕はまだ16歳で、鈴鹿サーキットレーシングスクールの生徒だった。ホンダのフォーミュラ・ドライバー育成プログラムに入るための最終選考会。受かったら翌年の国内F4で走れるが、落ちたら……僕はあのとき、レースをやめようと思っていた。


 F1という舞台の入り口に立ったいま。振り返ってみると、あれが人生の分かれ目、ターニングポイントだった。

 その年の選考会は、すでにF4で走ったことがある経験者だけじゃなく、海外を経験して帰ってきている選手もいたので、もちろん受かるかどうかはわからなかった。


 ただ僕は4歳からずっとカートでレースをやってきて、順調に成績も収めてきた。その年、スポット参戦を許してもらったフォーミュラのデビュー戦では史上最年少で表彰台、スーパーFJ日本一決定戦では初優勝。スクールでも最終選考会まではいい結果が出ていて、それまでのポイントの合計で首席や次席、つまり一、二番手を争える位置にいた。だから最終選考でよほどのミスをしない限り上位2名に食い込めると思っていたし、最終的にはトップになる自信があった。


 僕には力がある。もしこの場で結果を出せなかったり、僕の走りで審査員の方を魅了できないんだったら、その先だって知れている。だからダメならレース人生を諦める覚悟で臨んでいた。落選しても他の育成プログラムだったり、フォーミュラ以外のレースで走ることだったり、いろんな道があったと思うけど、自分が目指す方向じゃないのは好きじゃない。中途半端でやるより、違う人生を歩むと決めていた。


 ところが最悪の結果が待っていた。当時の僕はメンタル面がすごく弱く、よりによって最終選考でそれが出てしまった。レース前から緊張して体が硬くなっているのがわかった。ステアリングを握る指先もこわばっている。いつもの自分じゃない。そんな状態でスタートした僕だったが、いきなりのフライング……。ピットロードを遅く走ってから再びコースに合流するペナルティを課せられた。もう前の集団からずいぶん離されて、1人で走っているような感じだった。自分が情けなくて、もう走ることへの感情すら湧いてこなかった。結果このレースでのポイントはほぼ0。よもやの3位、最終選考会で落選した。

【Peter Fox/Getty Images】

 帰りの電車の中で、悔しくて自然と涙があふれ出た。本格的にレースを始めてから、そんなことは初めてだった。参加者の中で最年少だけど、負けない自信があったのでとにかくショックだったし、これから先のことを考えようとしても何もイメージできない。帰りの新幹線では、親にも会いたくないくらい落ち込んでいたのを、いまでもハッキリと覚えている。


 ただ、ほんのひとつだけ微かな望みがあった。それは選考会後の面接で当時のホンダF4の監督がかけてくれた言葉だった。


「ホンダの育成ドライバーとしては来年レースには出られない。でもフォーミュラ4のホンダには車が4台ある。鈴鹿レーシングスクールとして走る残り2台のうちのどちらかに、もしかしたら君を乗せられるかも知れない」


 それは元F1ドライバーの中嶋悟さんが僕のことを推薦してくれたからだった。中嶋さんは当時スクールの校長で、最終選考のときに最終コーナーのシケインで僕らの走りを見ていたのだ。


 スタートでペナルティを課せられ、感情が乗らないままレースをしていた僕だったが、後悔だけはしないように懸命に走っていた。バイザー越しに、最終コーナーに立つ中嶋悟さんの姿が見えた。中嶋さんに投げやりな走りを見せたくない。絶望的な順位だけど最後まで諦めず、前の集団に向けて走り続けよう、そう思った。そして道が開けた。


 僕は2017年、育成ドライバーとしてではなく、鈴鹿レーシングからF4にエントリーすることになった。そして年間総合ランキングでいきなり総合3位に、翌2018年には育成ドライバーに選ばれ、年間チャンピオンにもなることができた。

【Joe Portlock/Getty Images】

 すべてはあの最終選考会で、挫折を味わったからだ。


 一番変わったことは、それはやっぱりメンタルだと思う。挫折を味わうまでの僕は成績が出ていたこともあって、何もしなくても最終的には上手くいくだろう、みたいな感じがあった。最終選考会で失敗したスタートだって、もともとスタートが得意ではないとわかっていたし、その前に練習する時間もあったのに、しなかった。どこか甘い気持ち、過信があった。それに当時はミスをすることを恐れて、ミスをしないような走りを続けていたので、さらに成長する方法がわからなくなっていた。


 選考会に落ちたことによって、やっぱり自分はまだまだ完璧じゃないし、もっともっと速くならなきゃいけないという自覚が芽生えた。ミスを恐れることなくいっぱい失敗して、そこから新たな発見をして成長することが大切だとわかった。だから、海外に渡ってから一昨年のF3や昨年のF2のシーズン序盤で、思うようにポイントが取れなかったときもまったく焦りはなかった。むしろ最初にいっぱいミスをして、そこからいっぱい学んでいくというプロセスに迷いはなかった。


 いまはインディカーで走っている元F1ドライバーの佐藤琢磨さんが「ノーアタック、ノーチャンス」と言ったことは有名だけど、まさにその通りだと思う。どんなスポーツでも限界以上に挑戦しなければ、その先のことは見つからないし、挑戦しないとそこで止まってしまう。だからいまはミスしたり結果が出ないときがあっても、不思議と苦しんでいるという感覚はない。たとえミスをしたとしても、それをどう受け止めるかは自分次第。ミスをすると原因を追究したくなる。それを克服出来ればもっと速くなれると思うと、悔やむ気持ちよりもっと速くなれるという思いが勝り、常にポジティブに自分自身に向き合えるんだ。

ザ・プレーヤーズ・トリビューン ジャパン
ザ・プレーヤーズ・トリビューン ジャパン

ザ・プレーヤーズ・トリビューン(The Players' Tribune/TPT)は元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターによって設立され、グローバル展開をしている新たな形のスポーツメディアです。第三者のフィルターを介することなく、世界中のアスリート自らが言葉を発信して、大切なストーリーをファンと共有することを特長としています。TPTでは、インパクトのある文章や対談、ドキュメンタリー映像、音声などを通じて一人称で語りかけ、新たなスポーツの魅力と視点を提供します。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント