IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブンデスリーガ特集2020-21
ベッケンバウアーと比較される長谷部誠は
現代を象徴するニュータイプのリベロ

アプリ限定

今季はブンデスリーガ最年長選手としてプレーする長谷部。彼はなぜ“皇帝”の後継者に挙げられるのか
今季はブンデスリーガ最年長選手としてプレーする長谷部。彼はなぜ“皇帝”の後継者に挙げられるのか【Getty Images】

 かつて、ドイツサッカー界をけん引したレジェンドであるフランツ・ベッケンバウアーは、その威厳と崇高な佇まいと卓越したプレーの数々から“皇帝”と称された。そして現代に至り、2020-21シーズンのドイツ・ブンデスリーガに所属するアイントラハト・フランクフルトに、その後継者として名を挙げられる選手がいる。それは、今季のリーグ最年長にして日本を代表するプロフットボーラーである長谷部誠。彼はなぜ、現地で畏敬の念を込めて、そのような称賛を得られるのか。長きにわたってクラブ、そして長谷部のことを取材するドイツ人記者が、その全貌を記す。

皇帝が成した実績

1974年の地元開催W杯を制覇した西ドイツ代表のキャプテンとしても名高いベッケンバウアー(写真中央)
1974年の地元開催W杯を制覇した西ドイツ代表のキャプテンとしても名高いベッケンバウアー(写真中央)【Getty Images】

 フランクフルトのスポーツディレクターであるブルーノ・ヒュブナーは、長谷部の驚異的なパフォーマンスについてコメントを求められると、最上級の言葉を使って彼への敬意を表した。


「マコトはカイザー(皇帝)と呼ばれるが、フランツ・ベッケンバウアーとの比較は実に合っていると思う。ハーゼ(長谷部の愛称。ドイツ語でウサギの意味もある)は日本のベッケンバウアーだ」


 これは究極の賛辞だ。それでも、謙虚な長谷部はもちろん「ちょっと大げさだと思う」と謙遜した。「ベッケンバウアーは世界的なレジェンド」と言う彼は、「自分はそうではない」と言いたいのだろう。しかし多くの人たちは、長谷部に対して別の見方をしている。


 すべてを理解するために、まずはベッケンバウアーのことを知らなければならない。


 ベッケンバウアーはドイツで畏敬の念を持って『カイザー(皇帝)』、もしくは『ご神体』と呼ばれる。彼が触れるものは全てが金となり、幻像が実像になる。そのエレガントな佇まいで、まるで全てを超越した者のように感じさせたのだ。“皇帝フランツ”は、誰にとってもアンタッチャブルな存在だった。


 そのプレーも然りだ。冷静でもの静か。賢くて驚くほど軽快。常に先を見据え、何が起きるのかを予知し、輝くような技術を持ち合わせていた。かつてのドイツ代表のチームメートで、素晴らしいミッドフィールダーだったギュンター・ネッツァーは言っていた。


「フランツ・ベッケンバウアーはドイツサッカーの最大の幸運だ。彼以前にも彼以降にも、彼以上の選手はいない」


 ベッケンバウアーは2度世界最優秀選手に選ばれ、ドイツの最優秀選手には4度輝いた。国内でも国際舞台でも全てのタイトルを手にし、選手としても監督としても欧州王者と世界王者になった。これをやってのけたのは彼の他に、ブラジル人のマリオ・ザガロとフランス人のディディエ・デシャンしかいない。


 さらに特別な点は、彼がクリスティアーノ・ロナウドのようなフォワードではなく、リオネル・メッシのように得点を量産したわけでもなく、ディエゴ・マラドーナやジネディーヌ・ジダンのように艶やかな司令塔でもなく、ディフェンダー(DF)だったことである。とはいえ、ベッケンバウアーは一介の用心棒ではなく、1970年代に、これまでのセンターバックの役割を全く異なる形で解釈したニュータイプだった。

インゴ・デゥルステヴィツ(『フランクフルター・ルントシャウ』紙)

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント