IDでもっと便利に新規取得

ログイン

GIANTS with~巨人軍の知られざる舞台裏〜
視察制限され「腹くくった」スカウト活動
雰囲気を大事に…探す未来の“ミスター”

アプリ限定

10月27日、前日のドラフト会議で1位指名をした亜細亜大・平内龍太選手を視察に訪れた巨人のスカウト陣。例年と異なる特殊なシーズンを過ごした
10月27日、前日のドラフト会議で1位指名をした亜細亜大・平内龍太選手を視察に訪れた巨人のスカウト陣。例年と異なる特殊なシーズンを過ごした【撮影:竹内友尉】

 バックネット裏のスタンドに、少し落ち着かない様子でマウンドに視線を注ぐ男性がいた。10月27日、神宮球場。「気が気じゃないというか…。無事にプロの世界に入ってきてほしいですからね」。その前日のドラフト会議で縁が結ばれた選手を見守る姿は、さながら親のまなざしだ。


 読売巨人軍でスカウトを務める脇谷亮太さんは、チームがドラフト1位で指名した亜細亜大の平内龍太投手を担当。運命の日から一夜明け、東都大学リーグで躍動する“わが子”の姿に、実感が湧く。マスク姿で表情は隠れていても、安堵(あんど)の気持ちはにじみ出ていた。

直接選手が見れない中でもできることを

 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、もろにスカウト活動を直撃した。球春到来からわずか2カ月の4月。政府の緊急事態宣言による全国的な自粛で、学校や社会人の活動は一斉に停止。春の選抜高校野球大会も中止となり、ドラフト候補となる選手たちを生で見る機会が奪われた。


 九州地区と一部の関東の大学・社会人を担当する脇谷さんは、朝から電話をかけ続ける日々だった。チームの監督や関係者らに連絡を取り、候補選手の現状をつぶさに確認。直接視察はできなくても、コミュニケーションだけは途切らせなかった。

九州地区と一部の関東の大学・社会人を担当する脇谷さん。4、5月の緊急事態宣言中は直接視察はできなくともチームの監督、関係者とのコミュニケーションはかかさなかった
九州地区と一部の関東の大学・社会人を担当する脇谷さん。4、5月の緊急事態宣言中は直接視察はできなくともチームの監督、関係者とのコミュニケーションはかかさなかった【スポーツナビ】

 スカウトたちも在宅ワークを強いられる中、頼りにしたのはネット。


「YouTubeなどに上がっている選手の映像を片っ端から集めました。一般の方が上げてくれているものでも結構いい動画があって、フル活用させてもらいました」


 巨人のスカウト部次長を務める榑松(くれまつ)伸介さんは、そう振り返る。前年に撮影した映像なども見返しながら、できる限りの分析や検討を重ねるしかなかった。


 世の中の感染状況を見極め、視察を再開したのが6月。2カ月のブランクを埋めるべく、怒涛(どとう)の全国行脚が始まった。

小西亮(Full-Count)

1984年、福岡県出身。法大卒業後、中日新聞・中日スポーツでは、主に中日ドラゴンズやアマチュア野球などを担当。その後、LINE NEWSで編集者を務め、独自記事も制作。現在はFull-Count編集部に所属。同メディアはMLBやNPBから侍ジャパン、アマ野球、少年野球、女子野球まで幅広く野球の魅力を伝える野球専門のニュース&コラムサイト

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント