IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州チャンピオンズリーグ2019-20
バイエルン、バルサ相手に7年前の再現狙う
戦力充実のマンCはリヨンを圧倒か

アプリ限定

好対照なシーズンを過ごしたバルサとバイエルン。準々決勝屈指の好カードで勝負のカギを握るのは、それぞれメッシ(左)、レバンドフスキ(右)という不動のエースの出来だ
好対照なシーズンを過ごしたバルサとバイエルン。準々決勝屈指の好カードで勝負のカギを握るのは、それぞれメッシ(左)、レバンドフスキ(右)という不動のエースの出来だ【Getty Images】

 さまざまなデータに基づいた「七番勝負」で、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の勝者を占う企画。後編では、ドイツの絶対王者バイエルンと、過去2シーズンに味わった屈辱を晴らしたいバルセロナが激突する大一番、そしてユベントスを沈めた伏兵リヨンが、悲願の欧州制覇を目指すマンチェスター・シティに挑む一戦、この2試合を展望していく。

バルサは歴史的大逆転負けの悔しさを胸に

バルセロナ(スペイン)vs.バイエルン(ドイツ)

・キックオフ/8月14日:20時(日本時間8月15日:4時)

・会場/エスタディオ・ダ・ルス(リスボン)

・準決勝進出予想オッズ/バルセロナ2.25倍:バイエルン1.57倍(ウィリアム・ヒル社)

・過去の対戦成績:バルセロナの2勝2分け6敗

■七番勝負(1):クラブ収益

※世界的監査法人デロイトが発表したサッカークラブの長者番付『デロイト フットボール マネーリーグ』より。2020年1月発表の18-19シーズンの収益。


〇バルセロナ(ランキング1位/8億4080万ユーロ=約1047億円)

×バイエルン(ランキング4位/6億6010万万ユーロ=約822億円)


 入場料収入、放映権収入、商業収入をもとに、世界で最も裕福なクラブをランキング化した『デロイト フットボール マネーリーグ』。


 18-19シーズン、前年首位のレアル・マドリーを逆転し、初めてトップに立ったのがバルセロナだった。しかもマネーリーグ史上初の8億ユーロ超えだ。そして対戦相手のバイエルンも4位にランクイン。2位マドリー、3位マンチェスター・ユナイテッドが不在だけに、今回の対戦は文字通り、リッチクラブ同士による準々決勝最大の目玉カードとなった。


 もっとも、バルサの場合は負債額も大きく、それも考慮した財務ランキングの2020年度版『Soccerex Football Finance 100』では、健全経営のバイエルンが3位をキープしたのに対し、バルサは12位に沈んでいる。

七番勝負(2):UEFA主催大会での実績

※UEFAクラブランキングより。


〇バルセロナ(ランキング2位)

×バイエルン(ランキング3位)


 過去5シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)での実績に基づいて算出されるUEFAクラブランキング。ともに15年以上連続でCLの決勝トーナメントに進出しているが、昨季ベスト16敗退のバイエルンを、5年連続ベスト8以上のバルサがわずかに上回った格好だ。12-13シーズン以来、頂点から遠ざかっているバイエルンはもちろん、一昨季は準々決勝でローマに、昨季は準決勝でリバプールに、2年連続で歴史的な大逆転負けを喫したバルサも、今季こそはとの思いが強いはずだ。

■七番勝負(3):推定市場価格

※ドイツの移籍情報専門サイト『Transfer Markt』より。


〇バルセロナ(9億8320万ユーロ=約1228億円)

×バイエルン(9億2925万ユーロ=約1160億円)


 推定市場価格の総額もほぼ互角で、いずれも1000億円の大台を突破している。バイエルンは来季からの加入が決まったザネ(マンチェスター・シティから)を含めて14人が、バルサはすでにユベントス移籍が決定しているアルトゥールを含めて12人が3000万ユーロ超え。それでもバルサがわずかに上を行くのは、33歳にしてなお1億1200万ユーロという高額の値札が、大エースのメッシに付いているからだ。

CLでの采配経験が少ない両指揮官だが…

独自のカラーを打ち出せず、強いリーダーシップも発揮できなかったキケ・セティエン。来季もバルサの監督の座に留まるためには、CLの舞台で勝ち続けるしかない
独自のカラーを打ち出せず、強いリーダーシップも発揮できなかったキケ・セティエン。来季もバルサの監督の座に留まるためには、CLの舞台で勝ち続けるしかない【Getty Images】

■七番勝負(4):監督の経験値

※チャンピオンズリーグでの采配経験。

YOJI-GEN

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント