IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新庄剛志  もう一度、プロ野球選手になる。
新庄剛志が教える、カットプレー技術
“スピン投法”で無駄を省く

アプリ限定

第8回 新庄野球塾4――内野守備編

カットプレーには無駄が多いという新庄。その無駄をなくすために生み出した“スピン投法”とは?
カットプレーには無駄が多いという新庄。その無駄をなくすために生み出した“スピン投法”とは?【写真は共同】

 守備には「カットプレー」と呼ばれるプレーがある。

 ぼくの子どものころは、「中継プレー」なんて呼ばれていた。


 例えば一塁にランナーがいて、外野を破る長打が飛びだす。

 一気にホームを狙うランナーを刺そうと、ショートやセカンドが外野手からの送球を捕って、ホームに投げる。これがよく見るカットプレー。ものすごくスリリングで、ファンもわく。


 子どもの野球や草野球では、カットプレーで勝敗がわかれることが少なくない。

 外野からの送球が乱れて、カットに入った内野手が捕り損ない、ボールはグラウンドを転々……。その間に、ランニングホームランになったりする。

 カットマンの位置が悪くて、送球に無駄な時間がかかることもある。

 ほとんど間に合わないのに、内野手がホームに投げてしまい、バッターランナーに余計な塁を与えてしまうことも。

 プロ野球のカットプレーは見ていて「すげえ!」って思うかもしれないけど、それでもぼくから見れば「もったいないなあ」と思うことが少なくない。


 カットプレーには、捕球と送球というふたつの動作が含まれている。

 外野からの送球を捕り、グラブの中のボールを利き手に持ち変えて、投げる──。

 やってる選手は素早くやってるつもりかもしれないけど、この3つの動作がそれぞれわかれてしまっていて、無駄な時間が生まれているんだ。


 ぼくは学生のころから、その無駄をなんとかしたいと真剣に考えていた。

 そこから生まれたのが、これから説明する、スピン投法。

新庄剛志

1972年生まれ。福岡県出身。1990年、阪神タイガース入団。1999年の巨人戦で敬遠球を打ったことは大きな話題となる。2001年、米大リーグ球団メッツに移籍し、日本人選手で初めて投手以外の野手として登録。2002年に移籍したジャイアンツでは、日本人選手で初めてのワールドシリーズ出場を果たす。2004年、日本球界に復帰し、北海道日本ハムファイターズに入団。試合前のパフォーマンスが「新庄劇場」と呼ばれ、北海道に移転直後の日本ハム人気を盛り上げる。2006年、シリーズ開幕直後に引退宣言。日本ハムを日本シリーズ優勝に導いた。2019年11月、プロ野球選手として現役復帰を目指すことを宣言する。著書に『わいたこら。』(学研プラス)など。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント