連載:新庄剛志「もう一度、プロ野球選手になる。」

僕が47歳でプロ野球現役復帰宣言したワケ すべてはインスタから始まった

新庄剛志

まえがき

2019年11月12日、インスタに「もう一回、プロ野球選手になろうと思います」と投稿した新庄さん。その気持ちに至った胸中などを語ってくれた 【写真:京介】

 2019年11月12日。この日、ぼくの新しい人生が始まった。
 朝、目をさましたぼくは、すぐさま外に飛びだした。
 そしてインスタグラムを通じて、みんなにメッセージを送った。

 みんな、夢はあるかい?
 1%の可能性があれば、必ずできる。
 今日からトレーニングを始めて、
 もう一回、プロ野球選手になろうと思います。
 みんなも、なにか挑戦しようぜ!

 いきなりのプロ野球現役復帰宣言、そのきっかけはインスタだった。
 1カ月前の10月、なにか始めたいと思ったぼくは、インスタをやりはじめた。
 ぼくはSNSのことは、ほとんどわからない。でも、こういうものが流行っていると知って興味を持った。
 それから現地の知人に教えてもらいながら、バリ島での日常を投稿するようになった。
 インスタにハマるまで、ほとんど時間はかからなかった。日に日に投稿の数が増えていく。勢いがついてしまったのは、思っていた以上の反響があったからだ。

 ぼくはかつてプロ野球選手だった。でも、それは2006年までのこと。
 引退してからは、プロ野球界とほとんど関わっていない。
 監督やコーチはやっていないし、解説もしていない。
 新しい人が次々と出てくるこの世界では、もうすでに過去の人だ。
 しかも2010年からバリ島で暮らしはじめて、人前に出るような仕事はほとんどしていない。
 だからファンのみんなは、ぼくのことなんかすっかり忘れていると思っていた。
 ところがインスタを始めた途端、すごい勢いでフォロワーが増えていき、たくさんのコメントが届きはじめた。
 なんだこりゃ!? 最初はびっくりして、呆然とした。
 でもコメントを読むうちに、胸がいっぱいになっていった。

「こんなにたくさんの人が、ぼくのことをおぼえてくれていたんだ……」

 何気なく始めたインスタで、こんな気持ちになるとは思ってもみなかった。

バリで練習に励む新庄さん。そのグローブには「インスタフォロワーと戦う!!」と刺しゅうされている 【写真:京介】

「新庄さんはいつも楽しそうでいいですね」

 インスタのフォロワーのみんなは、そう言ってぼくのことをうらやましがってくれる。
 それはぼくが思いついたことをすべて、しかもすぐに実行しているからだと思う。
 思い立ったら、すぐにやる。
 思いついたことを、すべてやる。
 そう、ぼくは自分の気持ちに素直に生きているんだ。

「答えより もっと大事なことは 勇気出して 自分を試すことだ」

 これは小学生のころ夢中になった、野球アニメ『キャプテン』の主題歌の一部だ。
 この歌詞に、ぼくは一発でノックアウトされた。
 そうだ! そうなんだよ! ぼくは大空に向かって叫びたくなった。
 自分の秘めた力なんて、自分でもわかるわけないよ!
 それなら結果なんて気にせず、勇気を出して自分を試そうじゃないか!
 心の底から、そう思ったんだ。
 この歌は、さまざまな場面でぼくを支えてくれた。もちろんメジャーに挑戦したときも。

「みんなは、おまえなんかが通用するわけがない、と言う。でも、そんなの誰にもわからないじゃないか。勇気を出して自分を試さなきゃ始まらないじゃないか!」

 そう思って、アメリカに乗り込んだんだ。
 現役復帰宣言をしたいまも、もちろん心の中で鳴り響いている。

 ぼくの行動は、本当にこの歌詞そのままなんだ。
 ぼくはいままで、誰もやっていないことにたくさん挑戦して、何度も成功させてきた。
 阪神時代の「敬遠球のサヨナラヒット」も、そのひとつ。
 なにかにチャレンジするとき、ぼくはいつも周到に計画を進める。
 あのときもそうだった。ある試合で敬遠のシーンを見たぼくは、「これ、打てるんじゃないか」と思い、敬遠球を打つ練習をするようになった。それが甲子園での巨人戦で実を結んだわけだ。

1/2ページ

著者プロフィール

新庄剛志

1972年生まれ。福岡県出身。1990年、阪神タイガース入団。1999年の巨人戦で敬遠球を打ったことは大きな話題となる。2001年、米大リーグ球団メッツに移籍し、日本人選手で初めて投手以外の野手として登録。2002年に移籍したジャイアンツでは、日本人選手で初めてのワールドシリーズ出場を果たす。2004年、日本球界に復帰し、北海道日本ハムファイターズに入団。試合前のパフォーマンスが「新庄劇場」と呼ばれ、北海道に移転直後の日本ハム人気を盛り上げる。2006年、シリーズ開幕直後に引退宣言。日本ハムを日本シリーズ優勝に導いた。2019年11月、プロ野球選手として現役復帰を目指すことを宣言する。著書に『わいたこら。』(学研プラス)など。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

松山英樹が首痛でプレーオフ初戦を欠場 第…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント