IDでもっと便利に新規取得

ログイン

川崎宗則が語るMLBの異例なシーズン
勝負の差は「野球を楽しくできているか」

アプリ限定

異例のシーズンを迎えているMLBについて、元メジャーリーガーで現役続行中の川崎宗則が語った
異例のシーズンを迎えているMLBについて、元メジャーリーガーで現役続行中の川崎宗則が語った【スポーツナビ】

 新型コロナウイルスの影響で延期されていたMLBが、7月23日(日本時間24日)に開幕した。試合数の減少、タイブレーク制の導入、ロースター枠の拡大など、さまざまな特例・新ルール採用の中で始まった異例のシーズンの行方を、MLBジャーナリストのAKI猪瀬氏が元メジャーリーガーで現役続行中の川崎宗則に聞いた。

「最初からプレーオフの気持ちで」

AKI猪瀬(以下AKI、敬称略) 今シーズンはコロナ禍ということで、本来162試合あるシーズンが60試合になり、対戦も同地区だけ。こうなるとおそらく、東地区は激戦で、西地区はドジャースとアストロズの2強という形になることが予想される。改めてこの60試合制のシーズンをどう見ていますか?


川崎宗則(以下川崎、敬称略) 普段の162試合の戦い方とはまるっきり違うので、選手たちも最初から全力で、最初から勝負をかけて行かないといけない。もういきなりプレーオフの9月前の戦い方になる。選手は大変ですけど、見ている方としては、最初から高いレベルの緊迫した戦いを見ることができるのかなと思います。日本人選手たちも、最初から一気に飛ばすつもりでシーズンに入る形がいいのかなと思いますね。


AKI 戦前の予想をすると「今年はヤンキースが強そうだ」、「ドジャースも相変わらず強い」などと言われていますが、その一方で60試合の短期決戦なので「どのチームにもチャンスがある」という声も多い。そういうイメージは川崎さんもありますか?


川崎 ありますね。普段のシーズンなら4月に開幕して、5月、6月と調子が上がらなくても、7月、8月、9月、特に9月になってグッと調子を上げてプレーオフに臨む。こういう流れをイメージしている選手がたくさんいますけど、今年はそうはいかない。最初から調子を上げていかないと、あっという間にシーズンが終わってしまう。でも最初から無理するとけがをしてしまうこともあるので、その辺りは難しいところですね。でも僕だったら最初からプレーオフだという気持ちで、一気に飛ばして行くでしょうね。


AKI 今季は試合数だけでなく、ロースター枠が30から始まります。その中でチームによっては先発ローテーションを5人にするのか、6人にするのか。連戦が多いので中継ぎを増やそうか。それとも野手陣を多く入れておこうか。いろいろと戦略があると思いますが、どういう形がいいのでしょうか?

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント