IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年らしい戦い方を見つけたチームが強い
番記者座談会・“改めて”J2展望【後編】

アプリ限定

 コロナ禍によるシーズン中断から約3カ月。J1より1週間早い6月27日(土)に、J2リーグが再開する。待望のシーズン再開を前に改めて今季のリーグ戦を占ってもらうため、オンラインでの座談会に参加してくれたのは、J2クラブを長く追ってきた3人のライター。ジェフユナイテッド千葉に密着する石田達也氏、京都サンガF.C.に密着する雨堤俊祐氏、そしてファジアーノ岡山に密着する寺田弘幸氏がJ2を語り尽くす。担当チーム、その他のJ1昇格候補を中心に話をした前編に続き、後編もお楽しみいただきたい。

新潟まで良いと大変なことになる(苦笑)

192センチの長身ながら抜群のスピードも備えるファビオは(写真左)、新潟躍進のカギを握る期待の新戦力。浦和に移籍した昨季のJ2得点王、レオナルドの穴を埋めるだけのポテンシャルを秘める
192センチの長身ながら抜群のスピードも備えるファビオは(写真左)、新潟躍進のカギを握る期待の新戦力。浦和に移籍した昨季のJ2得点王、レオナルドの穴を埋めるだけのポテンシャルを秘める【(C)J.LEAGUE】

――ここまで、お三方が取材されている3チームと、それぞれが開幕戦で戦ったFC琉球、レノファ山口、ツエーゲン金沢、さらにAランクのチームとして名前が挙がった大宮アルディージャ、徳島ヴォルティス、アビスパ福岡、J1から降格してきた松本山雅とジュビロ磐田を見てきました。それ以外の11チームの中で、ここもAに入るとか、Bでも上位に位置づけられるとか、高く評価しているチームはありますか?


寺田(ファジアーノ岡山担当) V・ファーレン長崎ですかね。手倉森(誠)監督が2年目で、結果を求められるシーズンになると思うので。新しく加わった中盤のブラジル人、ルアンはかなりいい選手だと聞きますし。


雨堤(京都サンガ担当) ルアンはむちゃくちゃすごい選手だと言われてて、でも開幕戦に出なかったんで、この3カ月でどんどん妄想が膨らんでいる(笑)。聞いた話ではJ1でもぜんぜんやれるレベルの選手で、それを長崎がかなり頑張って獲得したみたいです。フィットしたら怖いですよね。


――雨堤さんは他に気になるチームは?

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント