IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Sランク不在もAランクのチームが乱立
番記者座談会・“改めて”J2展望【前編】

アプリ限定

3人のライターが揃ってAランクと評価する大宮。新加入のCFハスキッチが、福岡に移籍した大砲フアンマの穴を埋められるかが焦点だ
3人のライターが揃ってAランクと評価する大宮。新加入のCFハスキッチが、福岡に移籍した大砲フアンマの穴を埋められるかが焦点だ【(C)J.LEAGUE】

 コロナ禍によるシーズン中断から約3カ月。J1より1週間早い6月27日(土)に、J2リーグが再開する。待望のシーズン再開を前に改めて今季のリーグ戦を占ってもらうため、オンラインでの座談会に参加してくれたのは、J2クラブを長く追ってきた3人のライター。ジェフユナイテッド千葉に密着する石田達也氏、京都サンガF.C.に密着する雨堤俊祐氏、そしてファジアーノ岡山に密着する寺田弘幸氏がJ2を語り尽くす。

プレーオフがないのは本当に痛い

――6月27日にいよいよJ2リーグが再開します。そこで、J2クラブを取材されているお三方に改めて今季のリーグ戦を占っていただきたいと思います。まずはご自身の担当クラブの1節の戦いぶりを振り返り、それを踏まえて今季のチームを展望していただけますか。


石田(ジェフユナイテッド千葉担当) ジェフは開幕戦で琉球を相手に1-0で勝ちました。開始1分、米倉恒貴が決めた虎の子の1点を守り切ったんですが、先制した後の戦いぶりがちょっと。ボールを保持できず、カウンターを仕掛けるにしてもボールを前に運べないという状態で。でも今は、その時よりも良くなってきてますね。ユンさん(尹晶煥/ユン・ジョンファン監督)が強調しているのは、「攻撃のための守備」。守備のほうはしっかりブロックを作ってやれているので、あとは攻撃面をどれだけ改善できるか。そこが楽しみな部分ですね。


雨堤(京都サンガ担当) 開幕戦の京都は新加入の選手がスタメンの半数くらいを占めました。負けた(レノファ山口に0-1)のはそこの影響が大きかったように思います。結構チャンスは作ったんですけど。新しい選手がチームになじんで噛み合うまでには、少し時間がかかるかもしれないですね。


寺田(ファジアーノ岡山担当) 岡山は有馬(賢二)監督が2年目のシーズンを迎え、昨季からやってきたことがかなりの部分、継続できているという印象です。仲間隼斗(柏レイソルに移籍)が抜けたので、やはり課題は攻撃の部分ですね。開幕戦(ツエーゲン金沢に1-0で勝利)は上門知樹と三村真がサイドハーフに入りましたが、今後どれだけ攻撃のバリエーションを増やしていけるか。後ろは田中裕介と濱田水輝がしっかりまとめてて、かなり安定しているので、したたかな戦いはできるかなと思います。


――レギュレーション変更による影響はどうでしょう? 今季は昇格プレーオフがなくなって、上位2チームの自動昇格だけになります。

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント