IDでもっと便利に新規取得

ログイン

#STAY HOMEのすすめ 〜 コロナ予防ガイド 〜

【#STAYHOMEのすすめ】“スリープマスター”森優奈さんが教える「テレワークで乱れがちな生活リズムを整える方法」
【写真:アフロ】

 新型コロナウイルスの流行によって、外出自粛を余儀なくされている方が多いはず。しかし、家にいる時間が増えるにつれて、心身に支障をきたしている人も少なくないのではないでしょうか。


 テレワークに切り替わった会社が増えている一方で、出勤しないために日常とのメリハリがつけられず、生活リズムが乱れがちになる人も多いかもしれません。テレワークの際には、どのような点に気をつけて働くべきなのでしょうか。今回は“スリープマスター”の肩書きを持ち、睡眠のプロフェッショナルである、寝具メーカー西川の森優奈さんに教えてもらいました。

生活リズムを整えるために、睡眠は重要

 外出自粛を受け、時間や場所にとらわれないテレワークが広がっています。今回のタイミングを機に、初めて出社しない働き方をしているという人も多いのではないでしょうか。


 自宅で作業しているとオン・オフの切り替えがつきにくくなります。心身のバランスを壊さずに働くためには、しっかりと睡眠をとることは欠かせません。睡眠の質を下げないためには、いくつかのポイントが存在します。

きちんと睡眠をとるために、朝・昼・晩に意識すべきポイント

■朝:目を覚ましたら、太陽の光を浴びる

【写真:アフロ】

 移動のないテレワークでも、体内リズムを整えるために起床時間を変えないことが重要です。朝起きたら、まずはカーテンを開けて太陽の光を浴び、体内時計をリセットするようにしましょう。そうすることで、約15時間後に眠りを導くメラトニンという睡眠ホルモンが分泌されるようになります。夜に眠りやすくなるよう、朝のうちから身体を整えておくイメージです。家にいても、朝と夜のメリハリをしっかりつけることが肝心です。

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。