日本の“ドネア信奉者”がWBSS決勝を展望
未来のためには、井上勝利がいいけど…

アプリ限定

ドネアに認められた日本人ボクサー・赤穂亮が考える、WBSS決勝の行方は?
ドネアに認められた日本人ボクサー・赤穂亮が考える、WBSS決勝の行方は?【写真提供:横浜光ジム】

“ノニト・ドネア信奉者”としてボクシングファンに知られる赤穂亮(横浜光)は、井上尚弥(大橋)とのWBSS決勝をどう見ているのか。ドネアとの歩みを振り返りながら、試合の展望を語ってもらった。今回は後編をお届けする。

カウンターの応酬から生まれた“神懸かった”一発

 赤穂を2015年4月に取材した時のメモに、フィリピンに同行してドネアとのスパーリングを見ていた、当時の赤穂のトレーナーの証言が残っている。


「ドネアがカウンターで左フックを打ってきたのをかわして、赤穂が逆に左フックをカウンターで合わせて。神懸かってましたね」


 ドネアは当時でも32歳。ALAジムの関係者からは「今はアカホのほうがスピードは速いから、いい勝負になると思うし、当たると思うよ」と言われていたのだという。それでも「簡単に言うと、向かい合った時、全部見透かされているような気がした」というプレッシャーを感じながらのスパーリング。「毎回4ラウンド、5ラウンドやって、その倍ぐらい疲れました」と赤穂は振り返る。それほどの集中力を求められるものだった。


「こっちが打ってもかわされて、必ずリターンを返してくる。どうせ打っても、またカウンターを取られるんだろうなって、思わされちゃうんですよね。僕が4回戦とか6回戦とか格下の選手とやると言われるんです。『打っても、どうせ打たれるから、打っていけなくなる』って。その感覚なのかもしれないですね」


 打って、かわされ、打ち返してきたのをかわして、また打つ、そんなカウンターの応酬。高い集中力でハイレベルなラリーについていった先に“神懸かった”一発は生まれたのだろう。

「スピードが落ちているとはいっても、(スピードを出し続ける)持続力は落ちているかもしれないけど、一瞬のスピードはあるんで。あのカウンターの一瞬のタイミングは、持って生まれたものでもあるし、そこは落ちてないと思います」


 井上に対し、ドネアの勝機は、その一瞬のスピード、タイミングを生かした「前半KO」だと赤穂は見る。それには井上か、ドネアか、いずれかの仕掛けが条件になる。


「でも、ドネアは決して行くタイプじゃないし、ドネアのほうがリーチもあるんで、自分の距離をキープしようとすると思うんですよ」


 スパーリングで感じたのがドネアの「距離感のよさ」だった。


「懐が深いです。足で距離を取るのがうまいというか」

船橋真二郎

1973年生まれ。東京都出身。『ボクシング・マガジン』(ベースボールマガジン社)、『ボクシング・ビート』(フィットネススポーツ)に執筆。『ゴング格闘技』(イースト・プレス)でコラム連載。文藝春秋Number第13回スポーツノンフィクション新人賞最終候補(2005年)。東日本ボクシング協会が選出する月間賞の選考委員も務める。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント