IDでもっと便利に新規取得

ログイン

僕しか知らない星野仙一
たとえ嫌われ者であっても使いこなす
星野さんのすごさ

第9回

編成担当の黒田氏に対し、「すべて忘れる」と伝えた星野さん。その後、黒田氏は24人もの「リストラ」や、星野さん退任後に鳥谷獲得に尽力するなど編成として阪神を支えた
編成担当の黒田氏に対し、「すべて忘れる」と伝えた星野さん。その後、黒田氏は24人もの「リストラ」や、星野さん退任後に鳥谷獲得に尽力するなど編成として阪神を支えた【写真は共同】

 星野仙一さんの監督としてのキャリアを語るうえで、欠かせないのが「リストラ」だ。とくに2002年のオフ、阪神が大量の選手を切ったのだが、その数は24人にのぼる。

 このとき編成担当をしていたのは黒田正宏だった。僕と同い年の法政時代の同窓生である彼は、前任の野村克也さんにその腕を買われて阪神に来ていた。

 だが、黒田については、悪い話ばかりが聞かれた。ダイエー時代、当時の田淵幸一監督の下でヘッドコーチを務めていながら裏切った。そのことで、田淵さんを辞任に追い込んだために、「悪党」などと陰口を叩かれたりもした。


 ところが、黒田は神経が図太い。ちょっとやそっとのことではへこたれない。それもそのはず、黒田のポジションはキャッチャーだったが、大学時代は田淵さんの陰に隠れて3年間、試合に出場することができず、いざプロ入りしたと思ったら、入った球団が南海だったので、今度は野村さんを超えることができずに「地味な補欠キャッチャー」というイメージのまま現役を引退している。

 だが、常に「耐える」立場にいたからこそ、「この程度のことではへこたれない」というメンタルの強さがあった。


 当然、星野さんだって黒田のこうした一連のことを知らないはずがない。そこで星野さんは阪神の監督に就任した後、黒田を呼んでこんな話をした。

「お前さんは北海道から沖縄まで、どこに行ったって嫌われているぞ。どうしてなんだ?」


 なんとも星野さんらしい言い方だが、黒田は憮然(ぶぜん)としながらこう答えた。


「いや、僕にもわかりません。そんなつもりは全然ないんですが……」


 こう言われては、星野さんだってそれ以上は追及をしない。そこで、「よし、わかった。それならこうしよう」ということで、星野さんは田淵さんにこう諭した。


「みんなが『黒田は悪いヤツ』というが、オレには悪いヤツには思えん。それに今はタイガースの編成部長としてがんばっている。みんなでタイガースをよくしなければならないときに、個人的にはどう思っていてもいいが、表面上には絶対に悪い感情を出すなよ」


 こう田淵さんと話をした後、今度は黒田を呼んで、

「いいか、オレは今までのことは知らん。すべて忘れてやる。お前さんの評価は、今後の結果でオレが決めていく。これからはチームのために身を粉にして働いてくれ」


 すると、黒田の目からポロポロ涙がこぼれた。腹を割って話してくれたことがうれしかったのだろう。


 この話をしてから1年後、黒田の仕事がやってきた。それが24人のリストラだった。


「戦力として見込めない選手を置いておいても仕方がない」というのが星野さんの考え方だ。中日時代、谷沢健一を切ったとき以上の非情さを見せた。過去の実績あるなしに関わらず、「来季は難しい」と判断した選手をすべて切った。そのなかには、野村監督時代に活躍した遠山奨志、弓長起浩、伊藤敦規らの名前もあった。


 リストラ通告するのは損な役回りである。ときには相手から恨まれることだってあるだろう。だが、黒田にしてみれば、星野さんは過去のことを一切水に流し、自分の生かし場所を見つけてくれた恩人である。通告した選手から何を言われようと、徹底的に汚れ役に徹し、大リストラを貫徹させた。


 星野さんのすごいところは、自分と合わない、あるいは過去に評判の芳しくない人間であっても、「この男は仕事ができる」と見込んだら、平然と起用できる度量の大きさにある。人間、誰でも人に対して好き嫌いはあるだろうし、自分に合わない人間が部下ともなれば、遠ざけようとしたって不思議な話ではない。


 だが、星野さんはそうしなかった。黒田の「仕事ができる」部分に着目し、そこにいらぬ個人的な感情は入れず、「あとは頼んだぞ」と言うことができた。こんなこと、誰もがマネできる部分ではない。


 確かに黒田は嫌われ者という評判ながらも、西武、ダイエー時代には根本陸夫さんの下で野球経営のイロハを学んでいた。その点を星野さんは評価していたのかもしれないが、純粋に仕事の能力だけを見ることができたのは、頭が下がる。


 一方で僕はこうも考えている。黒田を冷静に仕事の部分だけを見られたのは、「星野仙一を演じていた」からではないか。「一個人としての星野仙一」なら、ひょっとしたら黒田のことを排除していた可能性だってある。そう思うと、星野さんのすごさがより浮き彫りになってくるのである。


(文:江本孟紀)


<第10回「星野さんからあった引退後の相談 江本孟紀は何と答えた?」は9月12日掲載予定>


※本記事は書籍『僕しか知らない星野仙一』(株式会社カンゼン)からの転載です。掲載内容は発行日(2018年3月26日)当時のものです。

株式会社カンゼン

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント