IDでもっと便利に新規取得

ログイン

僕しか知らない星野仙一
星野仙一と野村克也の共通点
監督としての土台にある、名将の存在

アプリ限定

第2回

監督としての共通点はあまりなさそうな野村克也さん(写真右)と星野さん。しかし、川上哲治さんという共通点があるという
監督としての共通点はあまりなさそうな野村克也さん(写真右)と星野さん。しかし、川上哲治さんという共通点があるという【写真は共同】

 星野さんと野村克也さん。2人にはある共通点がある。

 ピンとくる人はほとんどいないかもしれない。星野さんは「激情、闘志、気合、根性」など、精神論を前面に押し出しているのに対し、野村さんは「知性、分析、統計、冷静」など、精神論よりも理論ありきの考え方だ。

 もちろん性格的には水と油ほど違うが、実は着眼点はそこではない。

 まったく似てない2人が監督になるときに参考にした人――それが川上哲治さんだった。

 野村さんは川上さんがV9時代にやっていたミーティングに着目した。

 人としてどう生きていけばいいのかを考えれば、野球に対する取り組みが変わる。取り組みが変われば、おのずと結果が変わる。選手たちに「プロ野球選手である前に、1人の人間であること」を考えさせるためのミーティングを徹底させた。

 僕が南海にいた頃の野村さんは、人間教育などしていなかった。

 たしかにミーティングはやっていたが、それはあくまでも対戦相手に関するデータ確認がメインだった。

 たとえば当時の阪急戦の場合でいえば、こんな感じである。


野村「江本、1番・センター福本。初球はお前どこに投げる?」


江本「ど真ん中に放ります」


野村「それはどうしてだ?」


江本「福本は初球は見逃す確率が高いです。それなのにくさいとこ突いたり、下手な変化球を投げてボールになたらもったいない。だからど真ん中でいいんです」


野村「そうか。なら2球目はどうする?」――。


 というやりとりをしながらミーティングは進んでいった。

株式会社カンゼン

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント