連載:指導者のエゴが才能をダメにする ノムラの指導論

小林誠司が巨人の正捕手になるために必要なスキルとは? 野村克也の指導論

株式会社カンゼン
アプリ限定

第9回

今季、西武から炭谷(写真右)が加入した巨人。ここまで最もマスクを被っているのは小林だが、正捕手としてまだ課題がある 【写真は共同】

 多くの巨人ファンは今、こんなことを考えているのではないだろうか。

「巨人の首脳陣は、いったい誰を正捕手に据える気なんだろうか」――。

 2018年の開幕時の正捕手は小林誠司だった。それがシーズンが進んでいくと、大城卓三、宇佐見真吾(現・北海道日本ハム)を併用していくことが多くなった。2019シーズンはここに加えて、FAで埼玉西武から炭谷銀仁朗を獲得し、阿部慎之助も捕手に戻ってプレーすることになった。5人もレギュラー候補がいては、「いったい誰を……」という気になってしまうのも仕方のないことだ。
 なかでも小林は2016年、17年と2年連続して巨人の正捕手として試合に出場した。その魅力は、二塁まで矢のような送球が投げられる肩の強さ。盗塁阻止率は12球団でナンバーワンとなり、総合力を含め投手陣の信頼を得たかのように思えた。
 しかし、首脳陣は小林を正捕手としてまだまだ信頼していなかった。「彼には正直、まだまだ不満がある」と高橋由伸前監督ですら、そう語っていた。

 なぜ小林は首脳陣から信頼されていないのか。それは彼のリード面の問題が挙げられる。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント