五輪まであと1年、競泳陣の活躍を占う
メダル6個の世界水泳から見えた可能性
光州世界大会で金2、銀1のメダルを獲得した瀬戸大也
光州世界大会で金2、銀1のメダルを獲得した瀬戸大也【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 2年に一度、各国からトップスイマーが一堂に会する世界水泳が終わった。結果だけを見れば、競泳日本代表「トビウオジャパン」の面々は、金メダル2、銀メダル2、銅メダル2の合計6つのメダルを獲得。さらに、女子は8種目、男子は10種目、混合は1種目の入賞を果たし、上々の結果だったと言える。


 過去、五輪前年に行われた世界水泳代表選手が、そのまま五輪で活躍するケースが多い。あらためて、2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪の2大会と、その前年の世界水泳の結果から、来年に控えた東京五輪の展望を読み解いていきたい。

上海の勢いを持続させたロンドン五輪

ロンドン五輪の競泳日本代表は、男子が13人中8人、女子は14人中7人が前年の上海世界水泳の代表選手だった。個人種目でのメダル獲得選手も萩野以外は前年の世界水泳に出場していた。
ロンドン五輪の競泳日本代表は、男子が13人中8人、女子は14人中7人が前年の上海世界水泳の代表選手だった。個人種目でのメダル獲得選手も萩野以外は前年の世界水泳に出場していた。【画像:相河俊介】

 11年、中国・上海で行われた世界水泳。寺川綾と北島康介、堀畑裕也、松田丈志に、まだ現役として戦い続けている入江陵介(イトマン東進)の5人で合計6つのメダルを獲得。金メダルこそなかったが、14種目(リレーを除く)もの入賞を果たし、翌年のロンドン五輪に向けて好発進したと言える大会だった。


 その結果、世界水泳でメダルを獲得した松田が200mバタフライで銅メダル、入江が100m背泳ぎで銅、200m背泳ぎで銀メダルを獲得。さらに寺川が100m背泳ぎで銅メダル獲得と、世界水泳で得た勢いをきっちりとロンドン五輪につなげた形だ。そこに、世界水泳で結果が残せなかった悔しさを晴らすように、鈴木聡美(ミキハウス)と立石諒、星奈津美の3人がメダルを手にした。加えて、当時高校生だった萩野公介(ブリヂストン)が、マイケル・フェルプス(米国)を破るという快挙を成し遂げ、銅メダルを獲得。彼らのほとんどが、自己ベストを更新してのメダル獲得だった。


 付け加えておくと、フェルプスが引退するまでの間に、彼の前を泳いだ日本人選手は、萩野ただひとりである。それと、上海世界水泳で堀畑が個人メドレーで日本人初となるメダルを獲得したことが、「日本人も個人メドレーで戦えるんだ」という思いを持たせたことを忘れてはいけない。

田坂友暁

1980年、兵庫県生まれ。バタフライの選手として全国大会で数々の入賞、優勝を経験し、現役最高成績は日本ランキング4位、世界ランキング47位。この経験を生かして『月刊SWIM』編集部に所属し、多くの特集や連載記事、大会リポート、インタビュー記事、ハウツーDVDの作成などを手がける。2013年からフリーランスのエディター・ライターとして活動を開始。水泳の知識とアスリート経験を生かした幅広いテーマで水泳を中心に取材・執筆を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント