IDでもっと便利に新規取得

ログイン

指導者・今岡に流れる“星野イズム”
選手に求めること、自身の未来像とは?

 まずは己を律する。そして選手たちをじっと見つめ、「全体の1割しか言わないというのが自分の中でのルール」と語る千葉ロッテ・今岡真訪二軍監督。その考えにたどり着いた理由は、自らの現役時代にある。


 PL学園高から東洋大に進学し、逆指名でのドラフト1位で阪神に入団した。だがプロ入り後しばらくは、低迷を続けるチームの中で自身も不遇の時を過ごした。


 転機は2002年、星野仙一監督の就任だった。レギュラーを完全奪取し、翌03年は首位打者(打率.340)、05年には打点王(147打点)に輝き、2度のリーグ優勝に大きく貢献した。その経験は、二軍監督となった今に生きている。

現役時代の転機、星野監督の教え

「とにかくやってみろ!」。阪神時代の星野監督の言葉が、現在の今岡監督の指導に生かされているという
「とにかくやってみろ!」。阪神時代の星野監督の言葉が、現在の今岡監督の指導に生かされているという【写真は共同】

――プロとして16年。あらためて振り返ると、どのような現役生活でしたか?


 最初は嫌でしたね。プロに入った頃、チームは最下位ばかり。だからグラウンドに出るのが嫌でしたね。他の球団の選手はよく「甲子園はいつも満員でいいね」って言うんですけど、「弱くて満員」って嫌なんですよ。「弱いんやから入らんといてくれ」と思っていた。そういう中で自分自身も結果が出なくて、「だからお前はダメだ」って4、5年は言われ続けて、自分も周りに文句ばっかり言ってました。


 でも、星野(仙一)監督ですね。星野監督が阪神に来られて、最初に言われた。「なんかお前、クソ生意気らしいな」と。そして「好きなようにさしたるから、やってみろ」と。その時に分かったんですよ。ウジャウジャ周りに文句を言ってるのってすごい楽だなと。何故かって、全部言い訳にできるから。でも実際に「やってみろ」と言われたら、もう逃げ場がない。自分の好きなようにやって結果が出なかったら、もう「辞めます」って自分から言うしかない。その時の「やるしかない」という気持ちは、すごく覚えてますね。


――星野監督が就任して2年目の2003年に首位打者に輝き、チームは18年ぶりのリーグ優勝を果たしました。ご自身の中でも充実したシーズンだったと思いますが?


 もうね、自分の野球人生の中で、星野監督が来てからの2年間は、思いっきり練習しましたし、思いっきり野球のことを考えたと断言できる。間違いないですね。「ゴチャゴチャ言っとらんと、とにかくやってみろ!」っていう監督でしたから、こっちもとにかくやるしかない。


 ホント、「ウジャウジャ言ってるのって楽だな」と思いましたよ。今でも選手たちがウジャウジャ言う気持ちはすごく分かる。でも自分もそうでしたけど、そうしている間は結果を出せない。星野監督の指導から学んだもの、自分がどうだったという経験も踏まえて、今、選手たちには「とにかくやってみろ!」と言うようにしています。

「どんな選手にもチャンスがある」

「自分が輝けるチャンスはいくらでもある」と力を込めて話す今岡監督
「自分が輝けるチャンスはいくらでもある」と力を込めて話す今岡監督【花田裕次郎/ベースボール・タイムズ】

――モチベーションを保つというのは選手たちにとって非常に重要なことですが、試合に出ていない選手たちにとっては難しいことでもあると思いますが?


 大事なのは諦めないこと。1シーズンの中で、1試合の中でもそうですけど、どんな選手でも必ず「お前いい仕事したな!」っていう瞬間、プレーが絶対にある。全員が全員レギュラーにはなれない。不動のレギュラーと呼ばれるような選手は、チーム全体からすると1割ぐらい。それは仕方がない。


 だけど、レギュラーじゃなくても、今二軍にいても、働き場所というのはいくらでもあるし、チャンスはなんぼでもある。どんな選手でもチャンスはある。そのチャンスで打って、抑えることができたら、この世界は給料が上がるんですから。自分が輝けるチャンスはいくらでもあるということを、選手たちには分かってもらいたい。


――二軍での下積み時代というのは、その後の活躍、野球人生において大事になると思いますが?


 そうですね。当然、みんなプロに入ってすぐに試合に出たい。高卒であろうと大卒であろうと、1年目から一軍で活躍したいと思う。だけど、やっていることすべてに意味がある。そう思えれば、そう思って取り組んでいれば、いずれ必ず結果につながる。考え方ひとつだと思います。「なんだよ」と文句ばっかり言ってやるか、「いずれは俺が」と思って日々を過ごすかでは、同じ練習、同じメニューをしていても、差がついてくる。それは見るだけで分かります。日々、どういう姿勢で野球に取り組んでいるかが大事になる。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント