高橋尚成が語る「イチローの抑え方」
詰まらせようと思わないことが大事

イチローと松井との違い

高橋尚成はイチローを6打数ノーヒットと完全に抑え込んだ(写真はエンゼルス時代)
高橋尚成はイチローを6打数ノーヒットと完全に抑え込んだ(写真はエンゼルス時代)【写真は共同】

――NPB時代でもメジャー時代でも、イチローさん以外で、高橋さんにとってイヤなバッターはどんなバッターでしたか?


 イヤなバッターは結構いましたよ。「よく打たれたな」と思うのは、元阪神の金本(知憲)さん。井端(弘和=元中日ほか)なんかは高校、大学、プロとずっと対戦していて、打たれた記憶しかない(苦笑)。あと、宮本(慎也=現東京ヤクルトヘッドコーチ)さん、(駒沢大学の)後輩・新井(貴浩=元広島ほか)にもよく打たれましたね。アメリカに来てからは、ダン・アグラ(元マーリンズほか)。打率はそんなに高くないんですが、いいときはホームラン30本超打つ右のパワーヒッターで、彼には結構打たれました。


――巨人時代の同僚・松井秀喜さん(元ヤンキース)はどうでした?


 日本時代も練習の1カ所バッティングとか、紅白戦とか。ヤンキースが東京ドームに来て開幕戦をしたときにも巨人と試合をして、たまたま先発させてもらって対戦しているんです。日本に限って言えば、8打席対戦して6安打、ホームラン5本打たれているんですよ。


――それはかなり、打たれましたね。


 そうなんです。だから日本では、松井さんと同じチームで良かったです。アメリカではたまたま抑えられましたが、アメリカでもライトフライを打たれたとき、「あ、これはやられた」と思ったことがあったんですよ。ギリギリホームランかな、という大きなフライ。でもアナハイム・スタジアムはライトが結構広いんで、入らなかった。あれは東京ドームだったら、たぶんホームランでしたね(笑)。


――イチローさんと松井さんは、醸し出す雰囲気がまったく違うのでしょうか。


 懐が深いなと思うのは松井さんのほうですね。イチローさんのほうが、なんでも手を出してくれる……なんでも打ちにくる感じがあります。


――比較するのは恐縮ですが、高橋さんにとってはどちらが怖いバッターですか?


 こんな言い方をするのはおこがましいんですが、やはり松井さんに打たれたなというイメージが強いので……。結果的に、イチローさんのほうを抑えているから、あえて比較するなら松井さんのほうが怖いです。でもイチローさんが醸し出す雰囲気も、ピッチャーからしたらかなりイヤですよ。

基本はアウトロー勝負

カブスでは藤川球児(写真左)とチームメートだった
カブスでは藤川球児(写真左)とチームメートだった【写真は共同】

――イチローさんのバッティングのすごさ、他の選手との違いはどんなところにあると高橋さんは感じていましたか?


 インコースの球でもレフトのヒットゾーンに運ぶ技術は、非常に高いんじゃないかと思います。インコースの球をライト方向に、いい当たりを打たれるのは仕方ないんですよ。でもセンターからレフトのほうに強い打球が打てるのは、技術の高さを物語っていますよね。もちろん詰まってショートとレフトの間に落ちる打球もありますけれども。


――それはどういった技術なのでしょう?


 右肩が開かないということですよね。右肩が開かずに、バットが内から出て、ボールの内側を打つイメージが、イチローさんにはありますよね。普通のバッターだったら、ボールが切れていってファウルになるところですが、そうならずクリーンヒットにできるところ。わざと詰まらせてヒットにする技術もあるんじゃないでしょうか。


――ピッチャーにとっては、イヤですよね。それでもイチローさんとの対決はワクワクしましたか?


 とても楽しみでしたよ。むしろ、どういうバッティングをするのか、自分のこのボールに対して、どういう反応、どういう対応をするのか。ピッチャーをワクワクさせてくれるバッターでした。


――では、もう一度イチローさんと対戦できるのなら、どう攻めますか?


 もう、アウトコース一辺倒ですよね。詰まらせようとか、そういうことは考えず、外にしっかり投げ切る。それでもし外の対応がよくなってきたら、インコースに1球ボール球を見せてから、また外に戻るという感じです。基本はアウトローですね。


――では改めて、1球目からお願いします。


 1球目はアウトローに、ストレート系を投げます。その1球目の対応を見て、もう1球ストレートを外にいくのか、スライダーでいくのか変わってきます。


――すると2球目は?


 やはり、外ですね。一番の理想は、三振を取ったときの攻め方。だから1球目外、2球目外で、3球目に低めのスライダーで振ってくれればラッキー、という。


――ちなみに今、メジャーで楽しみなバッターは誰ですか? 高橋さんが現役だったら対戦してみたい、イチローさんのようにワクワクさせてくれそうなバッター。


 今でいったら、エンゼルスのマイク・トラウトですかね。あとは同じチームになりますけど、大谷翔平。どんなバッティングをするのか、どこまでボールを飛ばすのか、楽しみです。なかなか日本人で、あそこまでボールを飛ばせる技術のある選手はいませんよね。そこはメジャーの選手も認めているので、ぜひ対戦してみたいですよ。

高橋氏が考えたイチローへの配球図
高橋氏が考えたイチローへの配球図【スリーライト】

(企画構成:株式会社スリーライト)

高橋尚成(たかはし・ひさのり)

【写真提供:ホリプロ】

1975年4月2日生まれ。東京都出身。修徳高校から駒澤大学を経て、東芝に入社。99年、都市対抗野球の優勝にエースとして貢献。同年のドラフト会議で読売ジャイアンツを逆指名し、即戦力投手として入団。ルーキーイヤーから9勝を挙げる活躍を見せ、巨人のリーグ優勝、日本シリーズ制覇に貢献した。その後は左のエースとしてローテーションの一角を担い、2007年には最優秀防御率のタイトルを獲得。09年のオフにFA宣言し、10年にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結ぶ。開幕前にメジャー昇格を果たし、10勝を挙げる。11年以降は、ロサンゼルス・エンゼルス、ピッツバーグ・パイレーツ、シカゴ・カブス、コロラド・ロッキーズと渡り歩き、14年に横浜DeNAベイスターズに入団。翌年の15年シーズンを最後に現役を引退した。現在は、MLBの解説を中心に、野球解説者として幅広く活動中。

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント