OBを打った後ほど出るOB…
負の連鎖を断ち切る簡単スイングとは?

アプリ限定

ステンソンのある動作を真似して、OBを防ごう
ステンソンのある動作を真似して、OBを防ごう【写真:USA TODAY Sports/アフロ】

 課題別のワンポイントレッスンをゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎が解説。今回は「突然のOB」に対処する方法を紹介する。

OBの後ほどOBが出やすい理由

 OBが出た後の打ち直しや次の1打でまたOB……そんな経験はないだろうか。実は多くのアマチュアはOBの後ほど、同じミスを繰り返してしまう傾向にある。


 OBになる球は曲がり幅が大きく、横回転のサイドスピンが多くなっている状態だ。要因は上半身先行のアウトサイドイン軌道の場合が多い。その結果、左に打ち出して右に曲がるスライス、もしくは腕を返す動きが入るとプルフックが出る。このように上半身が先行するスイングでは、スライスもフックも出てしまうのだ。

吉田洋一郎
吉田洋一郎

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント。世界で最も有名なゴルフインストラクター、デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回ゴルフ先進国アメリカやヨーロッパに渡り、PGAツアー選手を指導する一流インストラクターに直接学ぶなど、心技体のゴルフ最新理論に関する情報収集と研究活動を行っている。実際に教えを受けた著名ゴルフインストラクターの数は100名を超える。監修した書籍「ゴルフのきほん」は30,000部のロングセラー。ゴルフ雑誌、スポーツ新聞にて連載を3つ持ち、世界のゴルフティーチングに関する情報発信を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント