張本智和、伊藤美誠はなぜ中国に強い?
「現実的」になった卓球世界一への挑戦

アプリ限定

日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長に対中国について話を聞いた
日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長に対中国について話を聞いた【岡本範和】

 日本卓球界にとって、かつては遠い存在だった中国。しかし近年は、ワールドツアーなどの国際大会で中国選手に勝利を収めるケースも出てきた。卓球王国の背中が見えてきた今、追い越すために必要なことは何か。日本卓球協会強化本部長の宮崎義仁氏に話を聞いた。

「中国の最大のライバル」となった日本

 私のスマートフォンの写真フォルダーのなかに、一枚の写真が保存してあります。中国ナショナルチームの練習場の風景なのですが、その壁に「2019世界選手権ブダペスト大会で倒すべき相手」として、女子シングルスにエントリーする日本代表選手たちの顔写真が大きく張り出されているのです。


 石川佳純、伊藤美誠、平野美宇、加藤美優……。


 これは長く卓球界の覇権を握り続けてきた中国が今、日本を最大のライバルとして認識していることの証左です。ここに至るまでには、苦境と向き合いながら土台を作り上げた先人たちの努力や、日本卓球協会によるジュニア世代の強化プログラムなど、さまざまな要因が積み重なっているのですが、それについてはあらためて後編で語らせていただきます。


 4月21日から28日までハンガリーの首都・ブダペストで開催される2019世界選手権(個人戦)は、2020年東京五輪を視野に入れたとき、特別な意味を帯びてきます。「東京で金メダル」という日本卓球界にとっての悲願が達成できるかどうか、その可能性を探る大きなヒントになる舞台だからです。

構成:スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント