IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カレンが夢見るスタジアム建設プラン
「無理をしない」クラブを作るために

アプリ限定

カレンが語るローヴァーズのスタジアム建設プランとは?
カレンが語るローヴァーズのスタジアム建設プランとは?【中田徹】

 2時間半にわたったインタビューを終えると、カレン・ロバートは「これからスタジアムの施設に行くんです」と言った。「一緒に付いていっても良いですか?」と私が聞くと、彼は快くオッケーしてくれた。ロンドンの東へ40キロ、電車で2時間ほどの小さな旅。そこにイングランド6部リーグ、ビラリキー・タウンのスタジアムがあった。


 ビラリキー・タウンは1880年創設の歴史あるクラブだが、5000人収容のスタジアムは2017年にリノベーションを終えたとあって、観客席は清潔感に溢れていた。

「ここのスタジアムは建物も観客席も良いなあ。きっと、この離れの建物はVIP席ですね」などと言いながら、カレンは熱心にスタジアムの内外を見て回る。

 ピッチは、メーンスタンドからバックスタンドに向けて、大きく下へ傾いていた。それもまた、スタジアムの個性だ。われわれの目の前では、ビラリキー・タウンとスロウ・タウンの選手たちが、ピッチの傾斜を気にすることなく試合をしていた。


「イングランドの下部リーグは前半が終わると、チーム同様、サポーターもサイドを変えて自分たちのGKの裏で応援するんです」

「あれ!? スロウ・タウンのセンターバック、レザーヘッドで一緒にプレーしていた選手だ」


 そんなカレンの解説を聞きながら6部リーグを見るのも乙なものだ。後半から雪が降り始めた。しかし、観客席はしっかり屋根で覆われており、私たちは濡れることなく試合を観戦することができた。


 インタビューの最終回は、カレン・ロバートが夢見る、ローヴァーズ木更津FCのスタジアム建設プランについてお届けする。

イングランドでは約30カ所ものスタジアムを視察

イングランドでは、1部リーグから9部までの約30カ所ほどのスタジアムを視察したという
イングランドでは、1部リーグから9部までの約30カ所ほどのスタジアムを視察したという【中田徹】

――まずはJ3を目標とするとのことですが、Jリーグライセンスを取得するにあたっては、スタジアムが必要になってきます。その構想については?


 日本にはないものを作りたいです。僕はイングランド7部リーグのチーム(レザーヘッド。昨年12月で退団)でプレーしたこともあり、アウェーでいろいろなスタジアムを見ることができました。また、昨年7月から空いている時間を使って、1部リーグから9部リーグのスタジアムをおよそ30カ所視察しました。


 6部リーグ、スラータウンのスタジアムは、サッカークラブが作ったのではなく、1000万ポンド(約14億円)かけて行政が作ったんです。だから、スタジアム巡りを始めてから初めて、クラブの人ではなく、行政の人から話を聞きました。


 ガラス張りのクラブハウスがあって、中にはおしゃれな会議室があって、ロッカー、グッズショップ、更衣室、審判室が揃っていて、建物2階の両側にテラスがあった。電光掲示板も質が高かった。音響も良く、これならコンサートにも使えそうだなと思いました。最新の施設ということで、建築費は高かった。たぶん、ピッチの下の電気系統にも、すごくお金がかかっていると思います。


――ローヴァーズは、どのくらいの規模のスタジアムを考えているんですか?

中田徹
中田徹

1966年生まれ。転勤族だったため、住む先々の土地でサッカーを楽しむことが基本姿勢。86年ワールドカップ(W杯)メキシコ大会を23試合観戦したことでサッカー観を養い、市井(しせい)の立場から“日常の中のサッカー”を語り続けている。W杯やユーロ(欧州選手権)をはじめオランダリーグ、ベルギーリーグ、ドイツ・ブンデスリーガなどを現地取材、リポートしている

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント