房総半島にJクラブを カレン・ロバートの挑戦

概要

 現在、千葉県1部リーグに所属する「ローヴァーズ」のオーナーを務めるカレン・ロバート。英語で『さまよい人』を意味するクラブ名には、「クラブのメンバーがどこかに羽ばたいても、疲れた時には戻って来られるクラブにしたい」という願いがこもっている。

「始めたからには100年、200年と続いていくクラブにしたい」と語るカレンに、Jリーグ参入を目指すローヴァーズのビジョンやスタジアム建設の構想などについて語ってもらった。

一覧

著者紹介

  • 中田徹(なかた とおる)
    1966年生まれ。転勤族だったため、住む先々の土地でサッカーを楽しむことが基本姿勢。86年ワールドカップ(W杯)メキシコ大会を23試合観戦したことでサッカー観を養い、市井(しせい)の立場から“日常の中のサッカー”を語り続けている。

    W杯やユーロ(欧州選手権)をはじめオランダリーグ、ベルギーリーグ、ドイツ・ブンデスリーガなどを現地取材、リポートしている。