「足が動くまで」の想いとは裏腹に
松井稼頭央が悟った自らの引き際

アプリ限定

「45歳まで続けたかった」と話す松井稼頭央。なぜ心が引退に傾いたのか?
「45歳まで続けたかった」と話す松井稼頭央。なぜ心が引退に傾いたのか?【撮影:熊谷仁男】

「小さい頃から憧れていた選手」と、今現役でプレーしている多くの選手が口をそろえ目を輝かせる、日本球界を代表するスーパースター松井稼頭央。2018年限りで現役生活に終止符を打ち、「もっと一緒にやりたかった」「まだ全然やれる」など、多方面から引退を惜しむ声が今でも後を絶たない。


 松井は投手としてプロに入るも、入団直後に内野手へ。さらに右打者からスイッチヒッター(両打ち)、フリー・エージェント(FA)権を行使しアメリカ・メジャーリーグに移籍、2014年に39歳で外野手転向など、そのプロ野球人生はまさに“挑戦”の連続だった。「チャレンジをしていた記憶しかない。その積み重ねが、最後の最後に大きなものになった」と松井は語る。“引退”を機に、その胸に去来する想いとは。改めて、じっくりと半生を振り返ってもらった。

登録抹消でフッと抜けた自分の気持ち

引退記者会見であいさつする西武の松井稼頭央外野手=2018年9月27日、メットライフドーム
引退記者会見であいさつする西武の松井稼頭央外野手=2018年9月27日、メットライフドーム【共同】

――引退は、プロ野球選手であれば誰しもがいずれ通る道かと思います。その一大セレモニーを迎えた率直な感想をお聞かせください。


 いつかはその時が来ますが、それでもずっと現役ができるなら、現役をやっていたいなという気持ちもあります。でも一方で、野球は個人スポーツであって、個人スポーツではありません。チームスポーツですから、自分だけの想いというのは難しいですし、それが無理なこともわかっています。ただ、それでもやはり、“その日”が来た時というのは寂しいですね。「とうとう来たな」と。


――若い頃にイメージなさっていた引退する時のご自分の姿と、実際にお辞めになった時の姿は、同じでしたか?


 全然違いますね。まず、入った当時に引退のことは考えないですから。プロに入って、どうプロで生きていくか。どうやって一軍に上がり、活躍をしていくかということばかりを考えていました。ただ、入ったばかりで、この世界のことは知らないなかで、漠然と「20年間プロの世界で頑張りたい」とだけは思っていました。一軍に上がることに関しても、「3年目に一軍に上がりたい」という目標を持ってやっていました。


 僕は(高卒入団で)18歳だったので、20年やれば38歳です。当時は、「だいぶおっちゃんやな〜」と思っていましたが、実際に自分が38歳になってみると、38歳でも若い人は若いなと思いました。ただ、18歳からはそう見えていたんだなと思うと、25年って、やはりすごく長いですね。


――現役選手ではなくなり、最も感じていることとは?


 辞めてから、トレーニングをまったくやらなくなりました。現役の時は、表向きは「夏場のために鍛えます!」などと軽口を言っていたのですが、僕は本当によくトレーニングをやっていました。それがもし、ただ筋肉をつけたくてトレーニングをしていたのであれば、まだ続けているはずですが、そうではない。少しだけやったのですが、次に向かう目標というか、来るものがなくて……と思うと、改めて「本当に野球のためにトレーニングをしていたんだな」と、より強く感じます。


――昨年9月途中に登録を抹消になった時に引退を決めた、とおっしゃっていました。決断に至るまでにどのような気持ちの揺れ、葛藤があったのでしょうか。


 毎年毎年、「そろそろかな」と思ってやっているところもありました。自分の成績などをいろいろ見ていくと、普通ではなかなかそこまで長く契約してもらえない。自分のなかでも「今年勝負、今年勝負」と、38歳ぐらいからずっと思っていました。理想としては45歳まで、と思うのですが、現実を考えていくと、まずこの1年やれないと、次の1年を契約してもらえません。長いスパンで見るよりも、「1年1年が勝負」だと思ってやってきていました。


 そのなかで、昨年開幕からずっと一軍にいて、初めて抹消されて、「そろそろ潮時かな」というふうには感じました。抹消されてからも兼任コーチとして一軍に帯同し、まずは自分の体調を整え、若い選手の相談に乗ったり、コーチ陣と選手との間に入るみたいな感じで10日間を過ごしたのですが、本来だったら、登録抹消されたらファーム(二軍)に行きます。そこで、「もう1回一軍に上がろう!」という気持ちになるものですが、あの時は、なんかフッと抜けたんですよね、気持ちが。

上岡真里江

大阪生まれ。東京育ち。大東文化大学外国語学部中国語学科卒業。スポーツ紙データ収集アルバイト、雑誌編集アシスタント経験後、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田の公式ライターを経て、2007年より東京ヴェルディに密着。2011年からは、プロ野球・埼玉西武ライオンズでも取材。球団発刊『LIONS MAGAZINE』、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)、『文春野球』(文春オンライン)などで執筆・連載中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント