あなたはどっちのストローク?
「型」の適性を見極めて3パット撃退を

アプリ限定

パッティングのストロークが振り子派の人は、ジャスティン・ローズを参考にしよう
パッティングのストロークが振り子派の人は、ジャスティン・ローズを参考にしよう【写真:ロイター/アフロ】

 課題別のワンポイントレッスンをゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎が解説する。今回は3パットをなくすための方法。パッティングは2種類のストロークがあり、自分の適正がどちらか分かればミスが減るという。

パッティングには2つの型がある

 3パットになる要因として「ファーストパットのタッチが合っていない」、「セカンドパットを思った方向に打てていない」ということが考えられる。これはどちらもフォームが安定していないことに起因している。そもそもアマチュアはショットに比べて、パッティングの練習の比率が極端に少ない。ラウンドでは確実にドライバーよりパターを打つ回数のほうが多いのに、パッティング練習をおろそかにしてしまう傾向がある。大前提として練習場に行くのと同じ時間をパッティング練習に使ってほしい。

吉田洋一郎
吉田洋一郎

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント。世界で最も有名なゴルフインストラクター、デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回ゴルフ先進国アメリカやヨーロッパに渡り、PGAツアー選手を指導する一流インストラクターに直接学ぶなど、心技体のゴルフ最新理論に関する情報収集と研究活動を行っている。実際に教えを受けた著名ゴルフインストラクターの数は100名を超える。監修した書籍「ゴルフのきほん」は30,000部のロングセラー。ゴルフ雑誌、スポーツ新聞にて連載を3つ持ち、世界のゴルフティーチングに関する情報発信を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント