sportsnavi

連載:ショートゲームに強くなる スポナビ秋の集中レッスン
突然出るシャンク…繰り返される悲劇
フェースを意識しショット改善を図ろう!

アプリ限定

アプローチのフェース面の使い方は、ケプカのスイングがお手本となる
アプローチのフェース面の使い方は、ケプカのスイングがお手本となる【写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ】

 秋の行楽シーズンを見据え、ショートゲームに特化した集中レッスンをゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎がお届け。19日から23日までの毎日、計5本のレッスンを連載する。

 第2回はシャンクが出たときの対処法。1度出てしまうと次のショットを打つのも怖くなってしまうが、原因と対策を頭に入れておけば、連続して出ることはない。

原因はフェースの開きにあり

 シャンクには大きく分けるとカット軌道のシャンクと、手元を目標に押し出すシャンクの2つがある。

 ボールにきちんとコンタクトしたいと思えばボールを打ちにいってカット軌道になりネックに当たり、ボールを目標にしっかり運びたいと思うと手元が出て、これもネックに当たってしまう傾向がある。

吉田洋一郎
吉田洋一郎
シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント。世界で最も有名なゴルフインストラクター、デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回ゴルフ先進国アメリカやヨーロッパに渡り、PGAツアー選手を指導する一流インストラクターに直接学ぶなど、心技体のゴルフ最新理論に関する情報収集と研究活動を行っている。実際に教えを受けた著名ゴルフインストラクターの数は100名を超える。監修した書籍「ゴルフのきほん」は30,000部のロングセラー。ゴルフ雑誌、スポーツ新聞にて連載を3つ持ち、世界のゴルフティーチングに関する情報発信を行っている

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント