sportsnavi

横浜FM超攻撃サッカーの体現者・天野純
左足に強い意志を乗せ、難局に立ち向かう

堂々としていた代表デビュー

“超攻撃サッカー”横浜FMの中核を担う天野純。9月には代表デビューを果たし、堂々としたプレーを披露した
“超攻撃サッカー”横浜FMの中核を担う天野純。9月には代表デビューを果たし、堂々としたプレーを披露した【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

 日本代表を経験して、ひと皮むけたのではない。


 ひと皮むけていたことを、日本代表で確認できた。客観的に己を見つめてきた天野純(横浜F・マリノス)は、そんな感覚を持ったに違いない。


 代表デビュー戦となった9月11日のコスタリカ戦、残り15分のタイミングでピッチに投入された。「(緊張を)隠していました」と言いながらも、堂々としていた。チームの勝利を最優先に置きつつ自分の色を出そうとする。技術と狙いのあるクロス、セットプレーでの正確なキック。そのアイデアとテクニックには、新たなハーモニーを醸し出す雰囲気が漂った。


 試合後の取材エリア。ひとしきり話を聞いた最後に、一番の収穫は何だったのかを尋ねた。彼はすぐさまこう返した。


「(代表に来てみて)今までやっていること、根っこのところを変えなくていいんだと思うことができました。これからもやり続けていけばいい、と」


 きっぱりと、はっきりと。


 天野が代表に追加招集された際、驚きの声はさほど挙がらなかった。


 今季、超攻撃サッカーにモデルチェンジした横浜FMの中核を担ってきた。なかでもクラブの先輩である中村俊輔(現・ジュビロ磐田)を彷彿(ほうふつ)とさせる2発の直接フリーキック(FK)は、強烈なインパクトを残した。代表で堂安律 (フローニンゲン)にFKを譲ったシーンが取り上げられたのも、彼のキックに対する期待の裏返しだと言える。

中村俊輔を彷彿する相手との駆け引き

4月の鹿島戦で完璧なキックでゴールを決めた天野(右)。左足だけでなく、駆け引きも大きな武器だ
4月の鹿島戦で完璧なキックでゴールを決めた天野(右)。左足だけでなく、駆け引きも大きな武器だ【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 その左足、華麗につき。


 4月28日のホーム、鹿島アントラーズ戦、前半21分。右サイドでやや遠めのFKを得ると、天野はゴール右ポストの内側に当てるスピードボールでゴールに放り込んだ。


 そしてもう1つが、5月12日のホーム、ガンバ大阪戦、後半16分。こちらは左サイド、やや近め。インパクト重視の速くて落ちるボールでゴール左上を射抜いた。まるで糸を引くように。


 2本とも完璧なキックである。


 だが「中村俊輔を彷彿とさせる」のはテクニックのみならず。むしろ相手との駆け引きに、2人が重なって見えた。


 まず鹿島戦は、中に合わせようとしている仕草を見せている。中に指示を出し、体は味方のほうに向けている。と思った瞬間、「く」の字にして思い切りニアにボールを蹴り込んだのだ。相手GKの意識をニアに向けさせないようにしていた。


 そしてG大阪戦は、山中亮輔、ウーゴ・ヴィエイラを付近に立たせ、「俺は蹴らないかも」ムードを出す。さらに自分とGKを結ぶライン上に、長身の中澤佑二を立たせた。これは「ボールを隠したい」ためだという。日本代表GK東口順昭からゴールを奪うには、駆け引きも技術もセットで完璧でなければならなかった。


 天野にこのシーンをあらためて振り返ってもらったことがある。


「東口選手は、とにかく反応が早い。カーブをかけてしまうと、間に合ってしまいます。なるべく速いボールを打たないと難しい、とは思いました。普通に打っても、点を取るというのは難しいです。その意味でも駆け引きが大事だなと考えていますね」


 彼はマリノスでプレーしてきた先輩、中村俊輔のセットプレーをずっと目に焼き付けてきた。キックフォーム、足の角度から、GKとの駆け引きや味方の使い方まで。

二宮寿朗
1972年生まれ。愛媛県出身。日本大学法学部卒業後、スポーツニッポン新聞社に入社。格闘技、ボクシング、ラグビー、サッカーなどを担当。2006年に退社し、文藝春秋「Number」編集部を経て独立。著書に「闘争人〜松田直樹物語」「松田直樹を忘れない」(三栄書房)「岡田武史というリーダー 理想を説き、現実を戦う超マネジメント」(ベスト新書)「サッカー日本代表 勝つ準備」(実業之日本社、共著)がある。近著に「中村俊輔 サッカー覚書」(文藝春秋、共著)がある。Number WEBサムライブル―の原材料」、スポーツ報知「週刊文蹴」(毎週金曜日付)を連載中。

スポナビDo

イベント・大会一覧