IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパーGT、元F1海外ドライバーの系譜
パイオニアのコマスから王者バトンまで

日本の水に合ったコマス

リジェ、ラルースでF1を戦ったコマス。98、99年に全日本GT選手権を制した
リジェ、ラルースでF1を戦ったコマス。98、99年に全日本GT選手権を制した【(C)日産自動車株式会社】

 全日本GT選手権(JGTC)の時代を含め、スーパーGTは長い歴史の中で、数多くの元F1ドライバーを走らせてきた。過去には鈴木亜久里や片山右京ら、現在も中嶋一貴や小林可夢偉ら日本人ドライバーの次なるステージとなっているが、外国人として元F1ドライバーのパイオニアとなったのは、エリック・コマスである。


 1991年から4年間、リジェ、ラルースでF1を戦った後、95年からJGTCに出場したコマスは98、99年にニスモのスカイラインGT−Rをドライブして2連覇を達成。2006年までに通算6勝を挙げている。ただ、コマスはF1では成功したドライバーとは言い難く、所属していたチームがいずれも低迷期にあったこともあり、最上位は5位。日本のレースの水が、よほど合っていたのだろう。

97年から日本で活躍してきたファーマン、03年にジョーダンでF1デビューを果たした。その後、スーパーGTに復帰した。
97年から日本で活躍してきたファーマン、03年にジョーダンでF1デビューを果たした。その後、スーパーGTに復帰した。【(C)Honda】

 その後もベルトラン・ガショーがさまざまなF1チームを渡り歩いた後、96年から2年間、スープラをドライブしたものの、こちらはF1同様、ネームバリューの割には目立った結果を残せていない。その一方で、97年から長らくGTを戦っていたラルフ・ファーマンは、フォーミュラ・ニッポンを含む日本のレースでの活躍が認められて03年に1年だけジョーダンでF1に参戦したものの、入賞は一度きり。その後、GTに復帰して元F1ドライバーの肩書きを得たが、これは例外と言ってもいいだろう。

コバライネンの苦戦と成功

F1で実績のあるコバライネン。スーパーGT参戦1年目は苦戦したが、2年目には実力を発揮しチャンピオンに輝いた
F1で実績のあるコバライネン。スーパーGT参戦1年目は苦戦したが、2年目には実力を発揮しチャンピオンに輝いた【(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION】

 F1でも成功した外国人ドライバーといえば、昨年まで唯一無二の存在だったのがヘイキ・コバライネンだ。07年から6年間、F1を戦い、2年目に所属したマクラーレンでは1勝を挙げて、表彰台にも3度。前年のルノーから2年連続でランキング7位につけた。ただし、その後は所属チームに恵まれず。2年目のマクラーレンも不振を極め、10年に移籍したロータス/ケーターハムは、到底優勝など望み得ないチームであったことから、2勝目を挙げることはついぞ許されなかった。ただし、一度は失ったシートを、ペイドライバーの不振から取り戻したり、キミ・ライコネンの代役としてスポット参戦もあったりしたことから、実績以上に評価が高かったのは間違いない。


 16年に平手晃平とともにチャンピオンとなったコバライネンながら、参戦初年度の15年は苦労の連続だった。開幕から2戦連続で5位になるも、それがこの年のベストリザルトに。スーパーGT独特の戦い方、そして過去にフォーミュラ以外の車両をドライブした経験が皆無だったことが、その苦労の理由であった。そこで16年はコバライネン好みのセットに平手が合わせることにした。そして何よりスーパーGTを1年間、苦労の中でも経験を重ねて、理解度を深めたことも大きかったのではないか。第2戦から2戦連続で2位表彰台に上り、連戦となったラストのもてぎでは2位、そして優勝。一度もリタイアなく、全戦入賞も決め手となって、チャンピオンを獲得することとなった。

J SPORTS
J SPORTS

J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で 約650万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント