IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「どれだけ死に物狂いで戦えるか」
琉球・古川孝敏 CS直前インタビュー

アプリ限定

琉球ゴールデンキングスの古川孝敏が、CSに向けて思いを語ってくれた
琉球ゴールデンキングスの古川孝敏が、CSに向けて思いを語ってくれた【スポーツナビ】

 5月12日(土)から、いよいよBリーグの年間優勝クラブを決めるチャンピオンシップ(CS)がスタートする。


 各クラブが60試合を戦ったレギュラーシーズンを経て、CSの舞台に駒を進めたのは、栃木ブレックス、千葉ジェッツ、アルバルク東京、川崎ブレイブサンダース、シーホース三河、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、京都ハンナリーズ、琉球ゴールデンキングスの8チームだ。


 ここから先は、結果こそすべて。


 これが2017−18シーズンのCSのテーマ。そのフレーズ通り、王座を争う8つのクラブは、セミファイナルまでは2戦先勝方式で、ファイナルのみ一発勝負で「負けたら終わり」のトーナメントに挑む。


 去る5月7日(月)、出場する各チームから選手1名が参加した記者会見が、都内某所で行われた。その会見直後に、琉球のフォワード古川孝敏にインタビュー。栃木でプレーした昨年はファイナルMVPに輝き、今季から新天地を求めた琉球でも西地区優勝に貢献した日本屈指のシューターに、CSに向けた思いを語ってもらった。

大事なところでしっかり勝ててきた

――まずは、西地区優勝を果たしたレギュラーシーズンを振り返ってもらえますか?


 僕個人としては、(移籍によって)チームも変わったし、率直に大きな変化があったワンシーズンでした。けがもあった中で、最終的にこうして地区優勝することができて、CSに出ることができたのは本当によかったですね。


 チームとしても、大事なところでしっかり勝ててきたのかなと思います。シーズンが始まって、ひとつひとつの試合や日々の練習をこなすことで成長してこられたので、そこは本当に自分たちの自信につながっています。あとはそれをどれだけ信じて、気持ちをしっかり出して、CSを戦っていくかが大事。まずはレギュラーシーズンで自分たちがやってきたことを信じるというのが、この先は大事だと思っています。


――古川選手も含め、今シーズンの琉球は新加入選手が多かったですが、新チームはすぐにまとまったのでしょうか?


 新しいチームの中で、新しいバスケをして、いろいろなことを吸収しながら、自分のパフォーマンスも出さなければいけない。そういうところで言えば、難しい部分もあったのかなと思います。「すんなり」とは言えないし、いきなりはやっぱり厳しい。ただ、その中でも自分の良さだったり、チームメートの良さだったり、コミュニケーションを取りながらやってこられました。僕に限らず、チーム全員で、全員が良いパフォーマンスを出せるように作り上げてきました。


――しかし、古川選手は開幕前に膝を負傷し、新しいチームで迎える開幕を逃してしまいました。不安は大きかったのではないかと……。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント