京都橘の名将を支える恩師の存在
原点となった「オランダサッカー」

アプリ限定

米澤監督の指導のルーツはオランダ人監督

サッカー部創設時から京都橘を率いる米澤監督の原点は「オランダサッカー」だ
サッカー部創設時から京都橘を率いる米澤監督の原点は「オランダサッカー」だ【安藤隆人】

 京都橘をサッカー部創設時から率いて、全国屈指の強豪に仕立てた米澤一成監督。そんな米澤監督の原点は「オランダサッカー」であった。今からさかのぼること20年以上前、日体大サッカー部に所属していた米澤監督は、そこでオランダ人のアーリー・スカンス監督の指導を受けた。


「大学3、4年と指導を受けて、ものすごく衝撃を受けたんです。サッカーに対する考え方が全然違うし、何より僕らの疑問を理路整然(りろせいぜん)と答えて、かつ発見を与えてくれる。自分も指導者を目指していたので、すごく勉強になりましたし、僕の指導のルーツですね」


 京都橘での監督人生は、2000年からスタートした。選手の獲得に加え「中盤を飛ばしていないサッカー。しっかりと中盤を経由して組み立てるサッカー」を標榜し、地道なチーム作りを積み重ねた結果、7年後の2007年度に高校総体(インターハイ)出場、翌年度に全国高校サッカー選手権に初出場。12年度には2度目の選手権出場で準優勝を成し遂げ、全国の強豪の仲間入りを果たした。


 そして、高校サッカー界屈指の名将となった米澤監督は、今年2月にチームのオランダ遠征を実施し、そこでかつての恩師と会った。

安藤隆人
安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。昨年まで1年間、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント