sportsnavi

波瀾万丈のある野球選手の半生
夢に向けて日韓を渡り歩いた荒木治丞

韓国では5人しか存在しない姓

今年、5年にわたる韓国プロ野球生活での幕を閉じた荒木治丞
今年、5年にわたる韓国プロ野球生活での幕を閉じた荒木治丞【ストライク・ゾーン】

 このオフ、韓国プロ野球のある選手が引退を決意した。


 荒木治丞、32歳――。


 その名字は「あらき」ではなく「ファンモク」、名前は「チスン」と読む。韓国統計庁のデータベース(2015年調べ)によれば荒木は韓国に5人しかいない珍しい姓だ。


 荒木という名字、それは日本に由来する。荒木治丞の祖父は荒木(あらき)姓の日本人。祖父は韓国人女性と結婚し、韓国・済州島(チェジュド)に移り住んだ。祖父は韓国で自身の姓を韓国語読みしたファンモク姓を名乗り、その名字を自身の息子、そして孫の治丞も受け継いで現在に至っている。荒木治丞はいわゆるクオーターだ。


 荒木治丞と日本との縁。それは祖父との関係だけではない。韓国でプロ野球選手になるまでに日本のアマ球界で過ごした11年があった。

日本のプロ野球を夢見て野球留学

 済州島で生まれた荒木は京都国際高に野球留学。亜細亜大に進学し、大学卒業後は社会人野球の強豪・セガサミー野球部でプレーした。荒木の夢、それは日本でプロ野球選手になることだった。


 荒木をセガサミーにスカウトした撰田篤副部長はこう振り返る。「最初に(荒木)治丞を見たのは大学1年の時、シートノックを見て肩の強いショートだと思いました。チームではどん欲に練習に取り組んでいて、ケガをしても痛いと言わず、すぐ復帰する強いメンタルを持っていました」。


 また当時のチームメイト、セガサミーの城下尚也コーチは「治丞は松井稼頭央選手(埼玉西武)に憧れていましたね。足が速くプレースタイルも似ていました」と話す。身長173センチ体重68キロ。細身の体でバネのある動きが特徴だった。


 祖父の故郷とはいえ、自身にとって異国の地でプロを目指した荒木。しかし彼にはケガがつきまとった。大学時代は左ひざのじん帯2カ所を切り、多くの時間を術後のリハビリに費やした。また社会人でも左足首を手術。4年間のセガサミー在籍の末、荒木は26歳の時、ある決断をする。


「韓国に帰って兵役義務を果たそう」

室井昌也
室井昌也
1972年、東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、2004年から著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を毎年発行。韓国では2006年からスポーツ朝鮮のコラムニストとして韓国語でコラムを担当し、その他、取材成果や韓国球界とのつながりはメディアや日本の球団などでも反映されている。現在「室井昌也の韓国野球を観に行こう!」(ラジオ日本)に出演中。12月2日には東京でハンファ前コーチの中島輝士氏とトークイベントを行う。有限会社ストライク・ゾーン取締役社長。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント