sportsnavi

U-17W杯に臨む“00ジャパン”を一挙紹介
タレントぞろいの若き日本代表が世界へ
タレントぞろいの“00ジャパン”。U−17W杯に臨む21名を紹介する
タレントぞろいの“00ジャパン”。U−17W杯に臨む21名を紹介する【赤坂直人/スポーツナビ】

 10月6日に開幕したFIFAU−17ワールドカップ(W杯)。グループEに所属するU−17日本代表は、8日にホンジュラスとの初戦を戦う。


 2000年以降に生まれた選手で構成される“00ジャパン”には、どんなタレントがいるのだろうか。チームを率いる森山佳郎監督の評価も含みながら、それぞれのキャッチフレーズとともに21名全員について一挙に紹介したい。

ゴールキーパー3名

正GKを務める谷晃生。すでにG大阪のトップチームで練習を重ねている
正GKを務める谷晃生。すでにG大阪のトップチームで練習を重ねている【写真:アフロ】

1 谷晃生(ガンバ大阪ユース)

「ガンバ期待の現代型GK」


 すでにG大阪のトップチームで練習を重ね、ルヴァンカップではベンチ入りも経験している世代トップを走る守護神。187センチの長身ながら、足技にも秀でる現代派。Jリーグのトップ選手との練習を通じて「シュートの威力やタイミングへの対応力がついた」と自信を深めた。


12 鈴木彩艶(浦和レッズジュニアユース)

「A代表狙える抜群ポテンシャル」


 ガーナ出身の父と日本人の母を持ち、埼玉で浦和レッズに憧れて育った中学3年生。驚きの飛び級招集となったが、それも森山佳郎監督が「将来はA代表を狙える」と太鼓判を押すタレント性があったから。身体能力の高さに加えて、精度の高いロングキックも光る。


21 梅田透吾(清水エスパルスユース)

「まさかの緊急初招集も不安なし」


 今大会で代表初招集という異例の抜てきを受けた。もっとも「何度も試合を見て力に不安はなく、性格的にも大丈夫だと思った」(高桑大二朗GKコーチ)とのこと。ハイボールへの対応力が高く、的確な判断に裏打ちされた守備範囲の広さを高く評価されている。

ディフェンダー6名

菅原由勢は「菅原がもう1人ほしい」というジョークが定番になるほどのユーティーリティーさを見せる
菅原由勢は「菅原がもう1人ほしい」というジョークが定番になるほどのユーティーリティーさを見せる【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

2 池高暢希(浦和レッズユース)

「北の国からドリブラー」


 山瀬功治、幸宏らを輩出したことで知られる、北海道の名門クラブ・SSS札幌(スリーエス札幌)の出身。高校入学と同時に自分を磨き直すために浦和ユースへ加入した。元々は攻撃的なドリブラーだが、物おじせずに戦える姿勢を評価されてサイドバック(SB)に。攻撃参加から決定的な仕事もこなす。


3 小林友希(ヴィッセル神戸U−18)

「左利きの岩波2世」


 天皇杯のベンチ入りも経験するなど、プロデビュー間近の逸材だ。185センチの高さに加えてビルドアップ能力も優れているため、中学時代から神戸関係者には「岩波2世」と評されてきた。負傷により大会を棒に振った相棒・瀬古歩夢(セレッソ大阪U−18)の分まで、という思いを秘めて戦い抜く。


5 菅原由勢(名古屋グランパスU−18)

「賢くうまい元気者」


 DFからMFまで何でもこなせるマルチロールで、「菅原がもう1人ほしい」というジョークは定番。明朗快活な性格から、チームのムードメーカーでもある。ガッツとテクニックを兼ね備え、SBなら攻撃参加、センターバック(CB)としては瀬戸際の守りで見せる。


15 馬場晴也(東京ヴェルディユース)

「危機察知のシンデレラボーイ」


 今年5月に初めて日の丸を付けたが、実は不参加選手が多かったことによる選考だった。だがそこで力を見せ付け、世界大会のメンバー入りをもつかむ、シンデレラボーイとなった。ボランチもこなす技術力に加え、指揮官が評価するのはゴールまでの危機察知能力の高さだ。


16 山崎大地(サンフレッチェ広島ユース)

「不死鳥は広島から」


 前十字靭帯(じんたい)断裂の負傷による1年半近い空白期間を経て、本人も「ビックリ」のサプライズ招集となった。デュエル(球際の競り合い)の能力に加え、両足から繰り出すロングフィードも高く評価されるCB。「広島ユースなので」という伝統のムードメーク能力にも期待だ。


19 監物拓歩(清水エスパルスユース)

「高&速を備えた抜群素材」


 189センチの長身に加えてスピードもあり、加えて左利きという「指導者が教えられない要素ばかり」(森山監督)をたっぷり備えた抜群の超大型ストッパー。「少し優しすぎる」(同監督)ところが災いすることもあったものの、着実に改善。世界舞台での飛躍を誓う。

川端暁彦
川端暁彦
1979年8月7日生まれ。大分県中津市出身。フリーライターとして取材活動を始め、2004年10月に創刊したサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊事業に参画。創刊後は同紙の記者、編集者として活動し、2010年からは3年にわたって編集長を務めた。2013年8月からフリーランスとしての活動を再開。古巣の『エル・ゴラッソ』を始め、『スポーツナビ』『サッカーキング』『サッカー批評』『サッカーマガジンZONE』『月刊ローソンチケット』など各種媒体にライターとして寄稿するほか、フリーの編集者としての活動も行っている。2014年3月に『Jの新人』(東邦出版)を刊行

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント