IDでもっと便利に新規取得

ログイン

加藤未唯、成長の鍵となった3つの敗戦
「全てつながり」WTAツアー初の準V

怒りでボールとラケットを投げつけ……

全米オープンの予選では、敗れた自分自身への怒りを抑えきれず、ボールやラケットを投げつけてしまった
全米オープンの予選では、敗れた自分自身への怒りを抑えきれず、ボールやラケットを投げつけてしまった【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

「全米オープンの予選決勝では、彼女はすごく成長したんです。最後まで試合を投げなかった。1ポイントも無駄にしなかった」


 古庄コーチが挙げた最後の鍵は、先月末の全米オープン予選決勝の一戦である。その試合での加藤は、一進一退の攻防を繰り広げ、酷暑のなか一球も諦めることなくボールを追い、しかし最後は僅差で敗れる。3時間近く闘志をかき立て戦いそして敗れた時、彼女は自分自身への怒りを抑えきれず、ボールとラケットをスコアボードに投げつける。


「試合に負けて、自分のふがいなさとかにイライラしてしまって……あんな行動に出てしまったので。それはすごく反省しています」


 会見の席で、加藤は神妙な面持ちでこうべを垂れた。


 全米予選決勝の後、日頃拠点としているテニスアカデミーのコーチ陣や、親族たちからも「説教していただいた」加藤は、迎えた日本での大会“ジャパン女子オープン”では、「新しい自分を見せなくては」と自らに誓いを立てる。


「今大会の私の目標は、自分のテニスを貫くこと」


 大会中の会見で、彼女はそう公言した。


「自分がどんなポイントの落とし方をしても、相手がどんなに良いプレーをしても、ぶれないで自分のやるべきことに集中する」


 その結果、彼女は予選3試合を勝ち上がり、本戦でも3つの快勝を連ねて自身初のWTAツアーベスト4へと到達。そして迎えた準決勝の対ヤナ・フェット(クロアチア)戦は、彼女がこれまで学んできた……古庄コーチのいう「全てのつながり」の集大成とも言える試合だった。

過去の自分を乗り越えた“意志の勝利”

ジャパンウイメンズオープンの準決勝では、リードを許しながら粘った末に逆転勝ち。過去の自分を乗り越えた意志の勝利だった
ジャパンウイメンズオープンの準決勝では、リードを許しながら粘った末に逆転勝ち。過去の自分を乗り越えた意志の勝利だった【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 準決勝での加藤は第1セットを僅差で失い、第2セットは1−4と大きくリードを許しながらも、目の前の一球ずつに集中し追い上げる。追いつき、しかし捕らえたと思った直後に再び自らのミスで突き放されかけたのは、全仏のタウンゼント戦と似た展開。だが今回の彼女は、気持ちを切らさない。マッチポイントを握られてもなお、食らいつき、タイブレークの末に第2セットを奪い返した。


 ところが、勝利への流れに飛び乗ったと思った直後の第3セット最初のゲームで、全てを失いかねないブレークを許す。しかも続くゲームでは、2本のブレークチャンスがありながらもつかみきれずゲームカウントは0−3に。ウィンブルドン予選のムハンマド戦を彷彿(ほうふつ)させる数字が、スコアボードに並んだ。


 だがここでも彼女は、過去の自分を乗り越える。長いラリー戦で落とした痛恨のポイントすら「相手の体力を削れた」とポジティブにとらえ、前を向いた。フェットのプレーに突如の乱れが見られたのは、その直後。サーブの入りが悪くなり、簡単なミスも増えていく。加藤が体力を削り仕掛けた火種は、試合終盤の4−4の局面でついに火を吹き、相手のけいれんという形で顕在化した。


「フィジカルバトルになったら、負けないだろうってどこかで思っていた」と、試合後に加藤は言う。それは確かに、フィジカルの戦いではあった。だがそれ以上に、1つのポイントが、1本の打球が、逆転勝利に結びつくと信じ続けた、むしろ意志の勝利だった。

次の大会が本当の勝負になる

ダブルスを含め9日間で10試合を戦い抜き、シングルスで準優勝を果たした。しかし、本当の勝負は次の大会だと加藤自身も認識している
ダブルスを含め9日間で10試合を戦い抜き、シングルスで準優勝を果たした。しかし、本当の勝負は次の大会だと加藤自身も認識している【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 9日間で、ダブルスも含め10試合を戦い抜く「信じられないような一週間」を準優勝で終えた時、彼女は「あー、よく頑張った! 今、持っているものは全て出した」と、一切の悔いをコート上に残さなかった。


「あとで写真を見たら、試合が終わって相手と握手する時もすごく笑顔で。私、めっちゃ笑ってるって!」


 大会の翌日、昨日までの激闘などまるでなかったかのように、彼女は明るい声を上げた。


 決勝戦の直後、ナショナルのコーチ陣からは「素晴らしい一週間だった。予選1回戦から最後まで全部集中してやりきれたことは、すごく大きな成長になる」と声を掛けられたという。同時に「次に出場する大会でも、同じことができるかが重要だ」とも念を押された。


「確かにそうやな〜って。今週できたからって、次にできる保証はないし……」。


 だから、次の大会が本当に勝負だと思う――新たな誓いを立てるように、彼女は言う。

「全てつながり」今に至ったその道を、次にまたつなげていくために。

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント