飛距離は元プロの恩師も太鼓判――慶大・岩見雅紀はアマ屈指の長距離砲

清水岳志

恵まれた体格から通算14本塁打

慶大・岩見は身長186センチ、体重107キロの恵まれた体格で大学通算14本塁打を誇るアマ球界屈指の長距離砲 【スポーツナビ】

 知り合いの記者から背番号「13」は他の選手より、小さいサイズを使ってるよね、と指摘されたことがある。「みんなと一緒ですよ。ユニフォームが大きいんです」と慶大・岩見雅紀は笑った。身長186センチ、体重107キロとなれば、ユニフォームが規格外になって当然だ。

 小さい時から大きかったという。

「外を飛び回って遊んで、5時に家に帰ってくると夕飯が出来上がっていて、手を洗って食べなさい、と。9時には寝床について、10時間は寝てました。健康優良児そのものだと思います。母に頭が上がりません」

 この六大学最重量バッターからはじき出されたホームランは通算14本(45試合125打数40安打、40打点、打率3割2分)。この春のシーズンは5本を放っている(11試合39打数11安打、13打点、打率2割8分2厘)。27日からの早慶戦で優勝につながるホームランが打てるだろうか。

※5月27日からの早慶戦で慶大が2連勝すれば35度目の優勝が決まる

フリー打撃では1億円プレーヤー!?

「フルスイングというより、打席では力を抜いて、インパクトで強く叩くことを意識してます」というバッティングで130メートル級の飛距離を生み出す 【写真提供:慶應スポーツ新聞会】

 推定飛距離130メートルを超えるものも珍しくない。1本のホームランに要した打席数を比べると、過去の六大学の強打者と比べても断トツに少ない数字なのだそうだ。秋のドラフトで注目される存在になった。

 プロのスカウト評は「1人、ピンポン玉を打ってる感じ」、「プロで50本ぐらい打つかもしれない」「筒香、エルドレッドのよう」などなど。

 近鉄にも在籍し、都市対抗野球では新日本石油ENEOS(現JX−ENEOS)で3度の優勝経験のある慶大の大久保秀昭監督は言う。

「社会人も含めてアマチュア球界では僕が見てきた中で、ナンバーワンの飛距離です。フリーバッティングでは思わず、エエッ、と声が出るような打球がある。練習では1億円プレーヤー(笑)」

 速いスイングスピードとパワーでボールを飛ばす。大久保監督は「つぶしてはじく感じ」。本人は「フルスイングというより、打席では力を抜いて、インパクトで強く叩くことを意識してます」。

 慶大・日吉グランドでは飛距離対策として、外野ネットを高くしたり、打席を5メートル後方に下げて打撃練習をしている。6月にはネットをさらに高くする工事が始まるそうだ。

1/2ページ

著者プロフィール

清水岳志

1963年、長野県生まれ。ベースボール・マガジン社を退社後、週刊誌の記者を経てフリーに。「ホームラン」「読む野球」などに寄稿。野球を中心にスポーツの取材に携わる。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント