IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リオを目指すパラトライアスリート秦
転機はロンドン落選、新競技で再スタート

注目度が高まっているパラトライアスロン

満面の笑みで優勝のゴールテープを切るパラトライアスロンの秦由加子
満面の笑みで優勝のゴールテープを切るパラトライアスロンの秦由加子【スポーツナビ】

 降りしきる雨の中、横浜市・山下公園周辺の特設会場で行われたITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会。16日に行われたパラトライアスロンの部で右大腿切断のトライアスリート秦由加子(マーズフラッグ・稲毛インター)が躍動した。


「すごいんですよ、応援が。前からも後ろからも声援に包まれて。私は幸せものですね。いや〜、楽しかった」


 両手を大きく広げて優勝のゴールテープを切ると、沿道に向かって何度も頭を下げた。


 トライアスロンと同様にスイム(水泳)、バイク(自転車)、ランニングを連続して行うパラトライアスロン。2016年リオデジャネイロパラリンピックから新たな正式競技として加わることが決定し、にわかに注目度が高まっている。五輪で実施されているスタンダード・ディスタンスの半分となるスプリント・ディスタンス(スイム0.75キロ/バイク20キロ/ラン5キロ)を、障がいの種類やレベルによって5つのカテゴリーに分かれて行う競技である(リオの実施カテゴリーは男女各3クラス)。横浜大会はトライアスロンの世界トライアスロンイベントのひとつで、来年に迫るリオパラリンピックにつながるポイント獲得のための重要な大会だった。


 日本でパラトライアスロンのレースに出場している選手は現在、20人ほどいるという。もともと障害のある選手は健常者に混ざって競技を行っていたこともあり、潜在的には60人ほどとされる。陸上、水泳などのパラリンピアンが挑戦していることも特徴的だ。

リオからパラリンピック競技!パラトライアスロン

作戦通りの展開でライバルを振り切る

課題だったランでも序盤から飛ばし、ライバルたちを振り切った
課題だったランでも序盤から飛ばし、ライバルたちを振り切った【スポーツナビ】

 膝上切断などのPT2クラス(女子)を制した秦は、2010年に中国・広州で行われたアジアパラ競技大会の水泳・400メートル自由形の銀メダリスト。スイムが持ち味のトライアスリートだ。


 横浜大会でも得意のスイムで堂々のトップに位置し、2種目のバイクも前回大会のタイム(44分27秒)を大きく縮める40分32秒で通過。課題だったランでも「ペースを考えず、初めから全力でいく」作戦通りの展開でライバルたちを振り切った。


「3月にサンシャインコーストで負けた悔しさがすごく強かったので……。ゴールの瞬間は本当にうれしかったですね」


 そのオーストラリア・サンシャインコースト大会では、スイムでつけた2分のリードを守れず、(3種目目の)ランで追い抜かれて4位に終わった。「体力とかではなくスピードについていけなかったんです。初めて感じた海外との差。この差を埋めるべく3カ月間、トレーニングを積んできました」と、大会前に語っていただけに、この優勝は大きな自信となったに違いない。


「強化してきたバイクで差をつけられたことと、バイクの疲労がそこまで出なかったことが収穫。どんな天気でも怖くない状態だったので、雨のレースもうれしいと思えた。義足が滑らないように注意して走るくらいで、楽しんでレースできました」

瀬長あすか

1980年生まれ。制作会社で雑誌・広報紙などを手がけた後、フリーランスの編集者兼ライターに。2003年に見たブラインドサッカーに魅了され、04年アテネパラリンピックから本格的に障害者スポーツの取材を開始。10年のウィルチェアーラグビー世界選手権(カナダ)などを取材

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント