元イラン代表監督、ゴトビが語る
勝利なしにも感じたアジア勢の可能性

イラン敗退に持つ2つの感情

元イラン代表の監督で、現在J1清水の監督を務めるアフシン・ゴドビ。彼にW杯ブラジル大会のイランについて語ってもらった
元イラン代表の監督で、現在J1清水の監督を務めるアフシン・ゴドビ。彼にW杯ブラジル大会のイランについて語ってもらった【飯竹友彦】

 名将カルロス・ケイロスに率いられ2大会ぶりにワールドカップ(W杯)本大会への出場権を得たイラン代表だが、残念ながら予選3試合で1勝もすることなくブラジルを去ることになった。結果だけを見れば惨敗。この結果をイランにルーツを持つJ1清水エスパルスのアフシン・ゴトビ監督に聞いてみたところ、2つの感情を持って言葉にした。


 1つは、もっと攻撃的なサッカーを展開できたのではないかという気持ち。もう1つは今大会へ挑んだ新しいチームに感じた可能性だ。そして、その2つの感情は最終的にはアジア全体へとつながるポジティブなものになった。

10年から代表を指揮、改革を進める

 話は少しさかのぼる。


 ゴトビがイラン代表監督に就任したのは、2010年W杯南アフリカ大会の最終予選の最中で、3試合を残してのことだった。


「(前任者の)アリ・ダエイのチームがホームで行われたサウジアラビア戦で敗れ、予選突破の可能性が低くなった。そこでイランサッカー協会(FFIRI)から私へ(監督就任の)話が来て、チームを見るようになりました」


 残す3試合はアウェーの北朝鮮戦、ホームのUAE戦、そしてアウェーの韓国戦だ。これをわずか11日間の中で戦わなければならないという難しいトライだったが、北朝鮮に0−0で引き分け、UAEには勝利した(1−0)。勝てばW杯出場という最終戦、韓国との試合へ挑むが、パク・チソンのシュートで1−1の引き分けとなり、(同日試合のあった北朝鮮対UAEの結果次第では可能性もあったが最終的に)予選敗退が決まった。しかし、FFIRIは困難な状況の中で勝ち点5を上げたことを高く評価し、ゴトビとの契約を延長した。


 それまでとは違い、十分な準備期間を与えられた指揮官は、ここからチームの改革を進める。例えば、「プロ意識が高くなかった」という代表選手たちのコンディション管理を徹底させ、10年のときは平均で体脂肪率14〜15%という状況から、11年のアジアカップでは10%以下へと引き下げた。


 また、同時にゴトビ監督は世代交代にも着手。特にイラン代表は英雄ダエイ引退後に真のストライカー不足に頭を悩ましていた。そこで、当時オランダにいたFWレザ・グーチャンネジャードや、ドイツでプレーしていたアシュカン・デヤガらがイランにルーツがあることを調査し、リストアップした。しかし、当時は所属クラブとの兼ね合い(リーグ戦での残留争い)や、イラン国内の政治的な問題(徴兵制)などもあって実現はしなかった。

現チームの骨格を担う選手を招集

 代表監督就任前には、イラン国内リーグでペルセポリスFCというクラブチ-ムを指揮していたこともあり、国内にいる若くて可能性のある選手をよく知っていた。そのため、彼らを積極的に代表へ招集していった。そうやって新たに集めた選手たちには、攻撃的なサッカーへの意識を植え付けることも忘れなかった。フレンドリーマッチではあるが、ボスニア・ヘルツェゴビナ相手に3−2で勝利。ブラジルには0−3で敗れたものの攻撃的なサッカーを90分間貫いた。また、いずれの試合もホームではなくアウェーという難しい条件でのゲームだった。その結果、チ-ムは着実に成長を遂げた。10年の西アジアサッカー選手権大会では準優勝を記録。また、11年のアジアカップでは惜しくもベスト8で韓国に敗れたものの、予選3試合を全勝した。


 ゴトビ監督に招集され、意識改革を受け、こうした成績を残した選手たちは、今回のW杯ブラジル大会で先発した11人中8人にもなる。また、当時招集はできなかったがルーツを調査していた選手たちが晴れてイラン国籍を選ぶなど、ポジティブな選択をしてくれたこともあり、現在のチームが完成した。結果的に見ればゴトビが改革を進めたときの選手たちが、現在のケイロス監督が率いるイラン代表ではチームの骨格となっているのは明白だろう。

飯竹友彦

1973年生まれ。平塚市出身。出版社勤務を経てフリーの編集者・ライターに。同時に牛木素吉郎氏の下でサッカーライターとしての勉強を始め、地元平塚でオラが街のクラブチームの取材を始める。以後、神奈川県サッカー協会の広報誌制作にかかわったのをきっかけに取材の幅を広げ、カテゴリーを超えた取材を行っている。「EL GOLAZO」で、湘南ベルマーレと清水エスパルスの担当ライターとして活動した。現在はフリーランスの仕事のほか、2014年10月より、FMしみずマリンパルで毎週日曜日の18時から「Go Go S-PULSE」という清水エスパルスの応援番組のパーソナリティーを務めている。2時間まるごとエスパルスの話題でお伝えしている番組はツイキャス(http://twitcasting.tv/gogospulse763)もやっています。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント