sportsnavi

高橋大輔が見せたベテランの頼もしさ
世界フィギュア・男子SP
男子SPで日本人最高の4位に入った高橋。ジャンプにミスはあったが深みのある演技を見せた
男子SPで日本人最高の4位に入った高橋。ジャンプにミスはあったが深みのある演技を見せた【坂本清】

 フィギュアスケートの世界選手権・男子ショートプログラム(SP)は、意外な結果となった。1位・パトリック・チャン(カナダ)、2位・デニス・テン(カザフスタン)、3位・ケビン・レイノルズ(カナダ)。戦前はチャン、羽生結弦(東北高)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、高橋大輔(関大大学院)の4名が表彰台争いと予想されることの多かったこの大会だが、そのうち、SPのスモールメダルを手にしたのはチャンひとり。高橋は4位、フェルナンデスは7位、羽生は9位となった。

レベルアップした新プログラムで4位に踏みとどまった高橋

 日本の3選手とも、それぞれジャンプミスによって、順位が抑えられた。日本勢で最初に登場した無良崇人(中京大)は、冒頭の4回転でトウをうまくつけずに1回転となった。本人曰く「こんなことは起こったことがなかった」という。しかし「(4回転の失敗後は)集中できたので良かった」と、フリースケーティング(FS)に良いイメージがつながるコメントを残した。


 冒頭の4回転で転倒、後半のジャンプもコンビネーションにできなかった羽生は9位。全体的にどこか元気がなかった。強い心を持つ17歳は、「(FSには)強くなって戻ってきて、リベンジしたい」と明日1日挟んだあとのFSに今季の集大成を見せるつもりだ。


 日本人3番目に登場した高橋は、2つのジャンプで回転不足となり点数が伸び悩んだ。それでも演技直後の表情は、集中したあとの清々しいものだった。高橋自身、「体調は万全ではなかったけれど、その中で自分のベストを尽くした。プログラムに気持ちを込めることができた」という。四大陸選手権から1カ月で、ステップなど格段にレベルアップした演技を見せてくれた。得点のうち、スケート技術や音楽との調和などを表す演技構成点もチャンにつづいて2位。確かに大人の深まりのある演技だった。そして、あと2日で27歳になる彼の演じる姿は、ただただ、頼もしかった。ジャンプミスがあってもちょっとやそっとでは崩れない。

 8回目の世界選手権。長いスケート人生で味わった辛苦を越えたからこその確かさで、魅せた。来年2月のソチ五輪を最後とすると、これが最後の世界選手権となる可能性が高い今大会。高橋は、その大会の半分を終えた。

高橋とともに気を吐いたベテラン ジュベールも好位置に

 5位のブライアン・ジュベール(フランス)にとっても、今大会は最後となるかもしれない世界選手権だ。22歳前後がピークとも言われる男子シングルで、ジュベールや高橋のように長くトップレベルで戦える選手は、本当に少ない。SPでの4回転のコンビネーションにこだわってきた彼は、今日も、4回転+2回転を含めたすべてのジャンプを決めた。そして最終盤、観客に視線を送りながらステップをスタートさせると、プログラム終了まで観客を巻き込んだ。観客もジュベール自身も楽しい演技。ジュベールのジュベールたるところが凝縮された時間だった。


 来年2月のソチ五輪の出場枠がかかる今大会。日本男子が最大の出場枠「3」を手に入れるには、3選手のうち成績上位2人の順位の合計が13以下であることが求められる。大事な枠取り、そしてシーズンを締めくくるFSは、15日(日本時間16日)に行われる。


<了>

長谷川仁美

静岡市生まれ。大学卒業後、NHKディレクター、編集プロダクションのコピーライターを経て、ライターに。2002年からフィギュアスケートの取材を始める。フィギュアスケート観戦は、伊藤みどりさんのフリーの演技に感激した1992年アルベールビル五輪から。男女シングルだけでなくペアやアイスダンスも国内外選手問わず広く取材。国内の小さな大会観戦もかなり好き。自分でもスケートを、と何度かトライしては挫折を繰り返している。『フィギュアスケートLife』などに寄稿。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント