IDでもっと便利に新規取得

ログイン

CIMAトラウマ克服、王座&世代交代を阻止!=DRAGON GATE
モチフジ新タッグ王者、ベテラン軍全勝で3つのタイトルを保持
メーンではCIMAが土井相手にオープン・ザ・ドリームゲート王座7度目の防衛戦を行った
メーンではCIMAが土井相手にオープン・ザ・ドリームゲート王座7度目の防衛戦を行った【田栗かおる】

 23日、ドラゴンゲート東のビッグマッチ「DANGEROUS GATE 2012」が東京・大田区総合体育館で行われ、超満員となる4500人を動員した。


 メーンイベントではCIMAが8.22後楽園大会での「CIMAロワイヤル7」を勝ち抜いた土井成樹を相手に、オープン・ザ・ドリームゲート王座7度目の防衛戦を行った。両者は2007年9月22日にも同会場で同タイトルを懸けて対戦しているが、その際CIMAが試合には勝ったものの土井のマスキュラーボムを食らい首を負傷。試合後、病院に搬送され、その後長期欠場に追い込まれるというトラウマがある。土井にとってはマスキュラーボムを解禁し、見ている者すべてが納得する形でCIMAを倒し、今度こそ世代交代を達成しなくてはならない一戦。

クロスファイヤーを決めるCIMA。その後、メテオラをたたき込んで勝負あり
クロスファイヤーを決めるCIMA。その後、メテオラをたたき込んで勝負あり【田栗かおる】

 序盤から土井は隙あらばマスキュラーボムを狙っていくが、CIMAもそう簡単には決めさせない。それでも土井はCIMAの古傷である首を集中攻撃。何度も苦しそうに首を抑えるCIMAに対し、土井は雪崩式ジャーマンで投げ捨てると、DOI555からのバカタレスライディングキック。カウント2で返したCIMAはトカレフやシュバインで反撃すると、20分過ぎに土井の背後からメテオラを発射。

 だが、その直後立ち上がった土井はCIMAを抱え上げると、ついにマスキュラーボムを解禁! だが、ダメージからカバーにいけない。レフェリーのダウンカウントを止め、バカタレスライディングキックからもう一度マスキュラーボムを狙った土井だが、CIMAはレフェリーをつかんで阻止すると、足がもつれながらもスワンダイブ式メテオラ。さらにクロスファイヤーでたたき付けてからダメ押しのメテオラをたたき込んで3カウントを奪った。

MB乱入! 谷崎なおきが次期挑戦表明も……

谷崎(左)のドリームゲート挑戦表明に対し、CIMAは「CIMAロワイヤルに勝ち上がってこいや!」と一蹴
谷崎(左)のドリームゲート挑戦表明に対し、CIMAは「CIMAロワイヤルに勝ち上がってこいや!」と一蹴【田栗かおる】

 トラウマを克服し、世代交代を許さなかったCIMAが「お前がどういう思いでCIMAにマスキュラーボムを放つか、ケガした俺でも分かるよ。すごい覚悟のいる行動やな。今日のところはとりあえず5年前の遺恨をすべて水に流すという意味でノーサイド、握手といこうやないか」と言って握手を求めるが、そこにMAD BLANKEYが乱入!


 この日、堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&谷嵜なおきの挑戦を退け、オープン・ザ・トライアングルゲート王座を防衛したB×Bハルク&戸澤陽&谷崎なおき。中でも「タニザキナオキ」というリングネームもその試合にかけた谷崎なおきは、本家・谷嵜なおきに新技のナイトライドE.N.D.を決めて勝利。改名することになった谷嵜は、涙ながらに「ジミー谷嵜でも何でもいいよ!」と吐き捨てたが、谷崎はジミー谷嵜では結局タニザキが被っていると指摘。

 その上で泣いている谷嵜がキューキューと鳴くイルカのよう、さらに大阪の豊中出身ということなどを合わせて、「ミスター“キューキュー”豊中ドルフィン」と命名した。


 そんなやりたい放題な谷崎はCIMAに対して、「単刀直入に言うぞ。次のドリームゲートの挑戦者はこの俺や!」と挑戦表明したが、王者CIMAは「お前とのドリームゲートは……ナシや。ドリームゲートに挑戦したいんやったら、ドリームゲートのルールに従ってCIMAロワイヤルに勝ち上がってこいや!」と却下。ただしノンタイトルながら、10.12後楽園大会でシングルマッチを行うことは了承した。

会場に詰めかけた超満員4500人の観客に感謝するCIMA(右)。リングに立ち続けることを宣言
会場に詰めかけた超満員4500人の観客に感謝するCIMA(右)。リングに立ち続けることを宣言【田栗かおる】

 最後に超満員の観客に「今日、全員の力でこの大田区を成功に導くことができました。ドラゴンゲートはまたこの大田区に帰ってきていいですか?」と尋ねたCIMAは、大歓声に応えるように「チャンピオンのうちに体が悲鳴をあげたとしても、俺の魂が悲鳴をあげない限りは最高のコンディションで、このリングに立ってみせますよ! CIMAはすでに最終ランに入っているんや。その最終ランは明日終わるかもしれない。1週間後かもしれない、1年後かもしれない。でも俺が還暦を迎えるまで、トップロープからメテオラを落としているかもしれん。できるところまでやろうと思います!」と宣言した。

佐瀬順一

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント