IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小猪木と全日本プロレス小島聡が初対決!=西口プロレス
ダチョウ倶楽部が見参、上島自爆で小力に敗れる
小猪木vs.小島、ダチョウ倶楽部参戦などバラエティに富みまくったラインナップで開催された今回の西口DXプロレス
小猪木vs.小島、ダチョウ倶楽部参戦などバラエティに富みまくったラインナップで開催された今回の西口DXプロレス【スポーツナビ】

 27日、渋谷ON AIR EASTで行われた「西口DXプロレス Megaton3 〜デッカイ秋みぃつけた〜」に、全日本プロレス・小島聡が参戦。西口のエース・アントニオ小猪木と対戦した。ほかにもセミファイナルにはダチョウ倶楽部が登場するなど、相変わらずの“何が起こるか分からない、一寸先はハプニング”な大会となり、大いに盛り上がった。

小島の豪腕が小猪木に炸裂!

小島(手前)にコブラツイストを仕掛けるなど果敢に挑んだ小猪木だったが…
小島(手前)にコブラツイストを仕掛けるなど果敢に挑んだ小猪木だったが…【スポーツナビ】

 メーンイベントは小猪木vs.小島の異次元対決。試合開始直後、小猪木が死にものぐるいでロープ際まで押し込むも、小島はチョップ一発で反撃。続いてヘッドロックにとらえると、早くも命の危険を感じた様子の小猪木がエスケープ。反撃の弓引きナックルパートを放つ小猪木のアゴをつかみ、チョップ連打で虫の息へと追い込む。

 ボディスラムから「いっちゃうぞエルボー」を放とうとポーズを決めた小島だが、小猪木は微妙に場所を移動。「遠い……」と困惑する小島を会場の実況と観客が「小島ならできる」とはやしたて、乗せられた小島がダイブ。しかし距離はやはり足りず自爆。今試合最大級のピンチが小島を襲った。

 正座式ニーから延髄斬りをくらった小島は、小猪木のブレーンバスターを切り返してマットに叩きつけ、小猪木のガード上から豪腕をさく裂。青息吐息の小猪木から3カウントを奪ってみせた。


 敗れた小猪木は「小元気ですかーッ! 現金があれば、小島とも戦える」と芸人根性を発揮してマイク。「おい小島、こんなに痛いと思わなかったよ」と本音を漏らしつつ「小島に勝って三冠に挑戦しようと思っていたのに、ちょっと残念です」と、とんでもない皮算用もポロリ。小島は「子供の頃からあこがれていた猪木さんと試合ができて、感無量です」と笑顔。最後は「小1、小2、小3、ダー!!」を合唱してリングを降りた。


 小島は、初挑戦となる西口プロレス登場に「異空間というか、いろいろ戸惑うところもあったけど、いい経験になったと思います。プロレスとは違うものというか、プロレスだけど、どこまで普段の自分の技を出していいのか、葛藤があった。最後はガードの上からラリアットを放ったけど、そこで一線を引いたというか。ガードしてなかったら出せなかった」と、プロレスラーとして葛藤を感じながら試合に挑んでいたことも明かした。


「違うようで、同じ。同じようで、違う。だけど究極的に言えば、リングがあってお客さんを楽しませるという部分では同じだった。小島聡というレスラーをこういう機会に、ほんの少しでも興味もってもらえたらうれしい」と、西口プロレス挑戦を終えて安どの表情を見せていた。

お約束のアツアツおでんに締めは巨大風船

上島(右)扮する大仁田は奮闘するも、お約束おでん攻撃で自爆
上島(右)扮する大仁田は奮闘するも、お約束おでん攻撃で自爆【スポーツナビ】

 セミファイナルのリングに長州小力率いる西口プロレス軍団が待ち構えるリング上、大仁田厚のテーマ曲「WILD THING」に乗って入場したダチョウ倶楽部の先頭は、なりきり大仁田の上島竜兵。“西口版・長州vs.大仁田”が実現することとなった。


 先発で飛び出した上島だったが、いきなりリング上にひとり取り残され「違うだろ!」と絶叫。仕切りなおしで再開となると、今度はレフェリーも加わって上島ひとりがリンチ状態に。さらにコーナーから「押すなよ! 押すなよ!」と言っているところを押されてリングに落ちるなど、最初からダチョウムーブを全開する。


 肥後克広がジャンボ鶴田に変身、ジャイアント小馬場との“西口版・馬場vs.鶴田”から、さらに馬場に変身した肥後と小馬場の“馬場vs.馬場”対決を経て、リングにはアツアツおでんが投入される。アツアツたまごを口に放り込まれた上島が反撃に取り出したのが巨大風船。みるみる大きくなる風船を前にリングサイドカメラマンも腰が引け気味となる中、破裂した風船でもっとも大きなダメージを受けたのは結局上島。小力がすぐさま押さえ込み、3カウントを聞く結果となった。


 上島以外のメンバーが手を取り合って大喜びする中、ふてくされた上島は「俺はこの試合を最後に、西口プロレスを引退します」と涙の宣言。しかし、これも会場のリアクションは薄く終わり、「思っていたよりもウケなかった」と肩を落とした上島に他選手が同情。皆で「わき、あいあい」を執り行い、感動のフィナーレとなった。

吉江の実兄も登場

 第4試合では、ドラディションの吉江豊が実兄であり芸人のよしえ・つねおと初タッグを結成。いいところを見せようと足を引っ張ったあげく、最後は自爆からラブセクシー・ローズのラリアットを浴びて沈んだ兄に対し、吉江は「何をヘマするんだろうと思って、普段の試合より疲れました。もう、ないでしょう」と今後のタッグ継続を否定。それでも「何があっても兄貴は兄貴。楽しかったです」と、フォローする気遣いも見せていた。


■西口DXプロレス「Megaton 3〜デッカイ秋みぃつけた〜」

10月27日(月) 東京・渋谷O−EAST


<メーンイベント シングルマッチ>

○小島 聡(全日本プロレス)

●アントニオ小猪木(西口プロレス)


<セミファイナル 6人タッグマッチ>

○長州小力、ジャイアント小馬場、松田大輔(西口プロレス)

●上島竜兵、寺門ジモン、肥後克広(ダチョウ倶楽部/太田プロ)


<第5試合 タッグマッチ>

見た目が邦彦、○ハチミツ二郎(西口プロレス)

●チェリー、アップルみゆき


<第4試合 タッグマッチ>

○ラブセクシー・ローズ、ラブセクシー・ヤング(西口プロレス)

吉江豊(ドラディション)、●よしえつねお(WAHAHA商店)


<第3試合 タッグマッチ>

●KID、ラブセクシー・乙羽屋(西口プロレス)

○田中知史、三好博道(オキシジェン/ホリプロコム)


<第2試合 タッグマッチ>

●世界のうめざわ、ザ・オバサン(西口プロレス)

○与座嘉秋、檜山 豊(ホーム・チーム/マセキ芸能社)


<第1試合 タッグマッチ>

●代々木健介、マサ小林(西口プロレス)

○武田テキサス、松雪オラキオ(弾丸ジャッキー/ニュースタッフエージェンシー)

佐々木亜希

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント