IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉田道場の中村、秋山よりも自分の戦い「やるときが来ればやる」=9.28戦極
ミドル級トップ戦線へ、頭の中には三崎対策
戦極ミドル級GPに出場する中村は秋山発言にも心乱すことなく自身の試合に集中
戦極ミドル級GPに出場する中村は秋山発言にも心乱すことなく自身の試合に集中【佐々木亜希】

 9月28日に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される「戦極〜第五陣〜」に参戦する吉田道場の中村和裕が、東京・五反田のJ−ROCKジムで公開練習ならぬ公開“調整”を行った。


 理学療法士の岩舘正了氏による指導のもと、報道陣の前でバランスボールを用いた調整を行った中村。2006年大晦日のマウリシオ・ショーグン戦で左ひざを負傷した後、岩舘氏のもとでリハビリテーションに励んだという。完治した後も氏を信頼し、現在まで体幹トレーニングを実施。「パンチのキレや、頭で思った指令を体に伝えるスピードが早くなった」と効果を語った。

秋山よりも気になるのは第一子の誕生

中村(右)はバランスボールを使って公開“調整”
中村(右)はバランスボールを使って公開“調整”【佐々木亜希】

 前日、TBS系列でテレビ中継が行われた「DREAM.6」さいたまアリーナ大会で、中村が以前「戦いたい」と語っていた秋山成勲が、吉田秀彦との対戦をアピール。吉田と秋山、どちらも中村にとって絆の深い相手だが、中村自身は「どうでもいいですね。どうでもいいというか、自分の力でどうこうできることではないですし、やるときが来ればやるだろうし」と、心を乱した様子はなし。「時の流れが左右して決まること。それよりも自分は、目の前の戦いに勝たなくては前に進めないんで」と、自身の体を最高潮の状態にもっていき、自分自身の戦いを貫くことに集中している様子をみせた。


 しかし、マイペースを貫く構えの中村でも「メチャ気になる」のが、第一子の予定日と地上波中継の存在だ。予定日は16日だったが、わが子は「まだ出てこない」ため、このままだと試合当日とぶつかる可能性も高い。「嫁がいるからとか、子供が生まれるからとか、そんな理由でリングには上がってないけど、気持ちの助けになってるのは確かですね」。子供は男の子だったら源(げん)ちゃん、女の子だったら希帆(きほ)ちゃんと、すでに名前も決めてある。準備に抜かりはない。

三崎の存在も見据えて……「やりづらい相手」

 さらに今大会から実施される地上波中継。前日も「DREAM.6」をテレビ観戦し、地上波中継の存在の大きさを実感した中村。「自分は『PRIDE』でよく出していただいていたこともあって、影響力を感じているひとりだと思います。スカパーの中継だけになって、あまり詳しくない人からは『選手やめちゃったの』って言われたりしました。影響はあると思いますね」。


 ミドル級GPの先には、三崎和雄の存在を見据えている中村。「アメリカでの試合は見ました。もしやるとしたら、やりづらい相手ですよね。すごく足を使う人なんで、どこで機をつくか。正攻法で行こうと思うと外すし」と、すでに三崎対策も頭に描き始めている。

 世間に訴えかける戦いを見せ、注目される存在になるためにも、三崎和雄戦にたどりつくためにも、まずは次戦に集中。中村和裕がミドル級転向第一戦となるポール・カフーン戦で、勝利を狙う。

戦極〜第五陣〜

9月28日(日) 東京・国立代々木競技場第一体育館 開場13:00 開始15:00


<第8試合 ライトヘビー級>

杉浦 貴(プロレスリング・ノア)

シャンジ・ヒベイロ(グレイシー・ウマイタ/ユニバーシティ・オブ・ジュウジュツ)


<第7試合 ヘビー級>

トラビス・ビュー(エリート・パフォーマンス)

未定


<第6試合 ミドル級グランプリシリーズ2008>

近藤有己(パンクラスism)

佐々木有生(GRABAKA)


<第5試合 ミドル級グランプリシリーズ2008>

中村和裕(吉田道場)

ポール・カフーン(ゴールデン・グローリーUK)


<第4試合 ミドル級グランプリシリーズ2008>

ジョルジ・サンチアゴ(アメリカントップチーム)

ローガン・クラーク(ミネソタ・マーシャルアーツアカデミー)


<第3試合 ミドル級グランプリシリーズ2008>

エヴァンゲリスタ・サイボーグ(シュートボクセアカデミー)

シアー・バハドゥルザダ(ゴールデングローリー)


<第2試合 ライト級>

國奥麒樹真(フリー)

クォン・アソル(スピリットMC/木浦プライド)


<第1試合 ライト級>

ライアン・シュルツ(チームクエスト)

ホルヘ・マスヴィダル(アメリカントップチーム)

佐々木亜希

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント