スペインから目指すワールドカップ=福田健二インタビュー

宇都宮徹壱

シドニー五輪に行っていたらダメになっていたかも

途切れたままになっている福田の代表でのキャリア。福田が再び青いユニホームに袖を通す日は来るのだろうか 【(C)宇都宮徹壱】

――福田さんはJリーグでプレーしていたときから海外志向が強かったそうですが、当時は今ほど簡単には海外移籍ができなかった時代ですよね。最近、ジェフ千葉の水野(晃樹)選手が移籍金ゼロでセルティックに移籍しました(※育成費は発生)。「もう少し遅く生まれてきたら、自分も」なんて思うことはありますか?

 それはないですね。僕の場合、そういう(パラグアイやメキシコでプレーした)時期があったから成長できたわけだし、今の僕の糧になっていると思います。回り道とは思わなかったですね。とにかく、選択肢はそれしかなかったわけだし、パラグアイで結果を出さないと次がないとも思っていましたから。
 ここから欧州に行ってやろう、というよりも、ここで何とかしようという気持ちの方が強かったですね。本当に、1日1日を大事に過ごしていく。その積み重ねがあって、それから代理人の協力もあって、メキシコやスペインにつながったんだと思っています。

――それでは、代表についてはどうでしょう。今のところ、福田さんの代表キャリアは、シドニー五輪最終予選で終わっています。五輪の本大会で落選したのは、やはり悔しかったのでは?

 当然の結果です。名古屋のときには、ウェズレイとピクシー(ストイコビッチ)がいて、なかなか試合には出られなかったし。

――もし、シドニーに行っていたらって、考えることは?

 逆にダメになっていたかもしれない。そういうところにいると、てんぐになっていたかもしれないですね。行かなくてよかったと、今は思いますけど。もちろん、今の自分から見ればですけど。

――その後、シドニー五輪に出場した高原(直泰)選手や柳沢(敦)選手は、A代表でも定着するようになります。彼らの活躍を、どう見ていましたか?

 頑張っているなって感じですね。彼らは彼らの道で頑張っているし、僕は彼らに負けないくらい、いい経験をしているし、レベルの高いところでやっているんで。それに、代表に入るかどうかは、ほかの人が決めることだから。

――でも、やっぱり最近の代表の動きは気になるでしょう?

 たまに映像が事務所から送られてくるけど、それより自分のことに集中しているというか……それが正直なところですね。ネットなんかも見ますから、大体のことは分かりますけど。でも、日本がどういうサッカーをしているかまでは分からないですね。FWに関しては、何でもできる、オールマイティーな選手が求められるような傾向を感じます。でも僕の場合「これだ」という武器があって、これまでやってきているので、ちょっと違うのかなとも思いますけど。

現役時代のゴールはW杯南ア大会

――私が何でこういうことを聞くかというと、最近「福田健二待望論」の静かな広がりを感じるからです。本も出ましたし、今度テレビ番組(※2月10日放送の「情熱大陸」毎日放送-TBS系列)もあるみたいですし、そうしたら、さらに反響があると思うんですよね。「最もストライカーらしいストライカー、福田健二を代表に!」というような声が高まってくるのではないかと(笑)

 もちろん代表には入りたいですよ。チャンスがあれば(笑)。

――例えば今オフ、Jクラブからのオファーもあったと聞いています。いったん日本に戻って、そこから代表入りにアピールするという考えはなかったのですか?

 ありましたね。それで結構、迷いました。代理人をはじめ、いろんな人と話しました。

――それでも、ほかのヨーロッパの1部でもなく、Jでもなく、やはりスペイン2部のクラブを選んだ。その決断に、福田さんがプロフットボーラーとして、何を一番大事にしているかが端的に表れていると思います。そこでぜひお聞きしたいのですが、福田さんが考える、現役時代のゴールは、どこに設定しているのでしょうか?

 僕は30歳になったんですけど、32のときに(2010年の)W杯があるんです。僕はまだ成長というか、レベルアップしている段階なので、自分では33〜4くらいまではトップでいられると思っているんですね。ですから32歳で迎えるW杯というのは、自分の中では、日本のために十分力になれる自信はある。ぜひ、そこでやってみたいという想いはありますね。

――南アフリカの大舞台に立つ、福田さんの雄姿を見てみたいのは、決して私だけでないと思います

 海外組の選手って、代表戦があると帰国して、日本語をすぐ思い出すじゃないですか。でも僕の場合、日本人と4年やっていないから、言葉とか出てこないですよね。正月なんかに地元に帰って初蹴りやるときなんかも、とっさに日本語で指示が出せない。いいプレーしたとき、日本語で何て言うんだっけ。「サンキュー」だっけ「オーケー」だっけ(笑)。

――なるほど(笑)。話も尽きませんが、最後の質問です。この4年間、海外でプレーしていく中で、福田さんが一番学んだことって、何ですか?

 パラグアイ、メキシコ、スペイン、すべての国で大事だったのは、あいさつですね。

――あいさつ、ですか

 そう、あいさつ。朝、最初に会ったときに、こっちから「おはよう」って。そうすると気持ちいいですし、自分の心が開いている状態なので、向こうからも話し掛けてくるし。そういうことって、とっても大事だと思いますね。

海外で活躍を続ける福田健二 【(C)宇都宮徹壱】

 最後の「あいさつ」のくだりで、もしかしたら少し脱力した読者もいたかもしれない。正直、私も最初は「ハングリー」とか「プライド」とか「ファイティング・スピリッツ」とか、そういう勇ましい言葉を期待していた。だが、よくよく考えてみれば「あいさつ」というのは、いかにもこの人らしいな、とも思った。そもそも福田にとって「ハングリー」も「プライド」も「ファイティングスピリッツ」も、ストライカーとして海外で勝負する以上、自明であったわけで、それがなければ4年間も第一線で結果を出し続けることなど不可能だったはずだ。むしろ、そうしたピッチ上での活躍を下支えしていた「あいさつ」すなわち「コミュニケーション」を重要視していたからこそ、今の福田健二があったのだと思う。今後、福田が代表に呼ばれるかどうか、それは分からない。だが、これだけは確実に言える。今後、海外を目指す若い日本人選手が、福田から学ぶべきことは決して少なくはない、と

<了>

3/3ページ

著者プロフィール

宇都宮徹壱

1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。旅先でのフットボールと酒をこよなく愛する。著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)など。『フットボールの犬 欧羅巴1999−2009』(同)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。近著に『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』(エクスナレッジ)

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

古江彩佳が4ダウンから大逆転 22ホール…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント