sportsnavi

福士加代子、自分らしさ貫きリオ代表へ
鍵は「内臓強化」と「スピード練習」

アプリ限定

33歳で迎えた「最後の挑戦」

大阪国際女子マラソンを制した福士加代子(左)。マラソンでの五輪切符に大きく前進した。右は永山忠幸監督
大阪国際女子マラソンを制した福士加代子(左)。マラソンでの五輪切符に大きく前進した。右は永山忠幸監督【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 スタート前も、独走態勢に入ってからも、福士加代子(ワコール)は「不安だった」という。1月31日、リオデジャネイロ五輪女子代表選考会を兼ねて行われた大阪国際女子マラソン。しっかり走れるか。失速はしないか。

 

「自分に『行け、行け』『お願い』と言いながら走っていた」


 決して自信がなかった訳ではないだろう。このレースに懸ける思い、絶対に失敗できないという緊張感、それらが強烈すぎたからこその「不安」だったのではないか。


 マラソンでの五輪挑戦は2008年北京、12年ロンドンに続き、これが3回目だった。過去2回は失敗に終わっている。


 現在、33歳。かつて、これほど年齢を重ねて五輪の女子マラソン日本代表に選ばれた選手はいない。福士はリオへの道を「最後の挑戦」と位置付けていた。

スポーツナビ