連載:女子バスケがいまアツイ!! 〜歴史的シーズンのクライマックスを堪能する〜

トヨタ自動車の連覇か、デンソーの悲願達成か―― Wリーグ・プレーオフ 出場チームランキング

ライトハウス
アプリ限定

5人の五輪代表を抱え圧倒的な層の厚さもあるトヨタ自動車が、Wリーグ連覇を狙う 【写真:アフロスポーツ】

 4月2日(土)に初戦(セミクォーターファイナル)が開催されるWリーグ・プレーオフに出場する8チームのランキングをお届けする。今シーズンは混戦の様相を呈し、またコロナ禍により中止になったカードもあったため予想は困難だが、レギュラーシーズンの成績や戦いぶりをもとにランク化を実施。ランキング下位から順に、各チームのプレーオフでの見どころをお伝えする(文/田島早苗)。

※なお、レギュラーシーズンの最終順位は以下の通り(上位8チーム)

1位:ENEOSサンフラワーズ/2位:トヨタ自動車/3位:デンソー/4位:トヨタ紡織/5位:富士通/6位:シャンソン化粧品/7位:三菱電機/8位:日立ハイテク

8位:日立ハイテククーガーズ

谷村、北村のWエースに続く選手の奮起がカギ

 苦しみながらも最後にプレーオフ出場を決めた日立ハイテク。「ターンオーバーが多く、自分たちから崩れることがあった」と内海知秀ヘッドコーチは振り返る。そのレギュラーシーズンでは、プレーオフに進出する他の7チームから勝ち星を奪ったのはシャンソン化粧品からの1勝のみ。そのため、格上との対戦となるプレーオフでは「試合中での波がないようにしたい」と指揮官は言う。

 レギュラーシーズンでは谷村里佳と北村悠貴が、チーム総得点の1703点のうち650点を奪う活躍。だが、プレーオフでは相手チームもこのダブルエースを抑えに来ることが想定される。そのため、内海ヘッドコーチが成長した選手として挙げる白鞘郁里、星香那恵らの奮起に期待がかかる。また、谷村と北村に次ぐ得点源のセンター、ダラーメ・マレム・ドイや、故障から復帰した佐藤奈々美もキープレーヤーとなりそうだ。

7位:シャンソン化粧品シャンソンVマジック

1カ月のインターバルをプラスに転じられるか

 開幕から5戦目にENEOSに勝利したものの、その後、得点源の水野妃奈乃が膝のケガにより戦線離脱に。一時は故障者などが多く、台所事情は苦しかったが、それでも高い総合力を発揮して白星を重ねた。だが、レギュラーシーズンの数字をみると、プレーオフに出場する8チームの中では失点が最も多いのが気になるところ。また、コロナ禍で試合日程の変更により、レギュラーシーズン最終戦となった2月27日からプレーオフ初戦となる4月2日まで、1カ月以上の期間が空いたことで、試合勘の鈍りなども危惧される。

 しかし、ポジティブにとらえれば、この1カ月は課題を修正しチーム力の向上に充てることができた時間ともいえる。李玉慈ヘッドコーチのもと、チームの一体感は高く、そこから生まれる粘りなど“プラスα”の力もシャンソンならではのもの。キャプテンの小池遥を中心に、上位進出も大いにあり得るダークホース的存在だ。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント