IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富樫勇樹「2年前のチームの方が上かも」
それでもジェッツが優勝したワケは?

アプリ限定

最終回

これまで2度、コートサイドで見つめていた歓喜の瞬間。遂に富樫がトロフィーを掲げた
これまで2度、コートサイドで見つめていた歓喜の瞬間。遂に富樫がトロフィーを掲げた【(C)B.LEAGUE】

「激闘」という表現しか思い浮かばないほど、宇都宮ブレックスと千葉ジェッツのBリーグファイナルは、最後の最後までどちらに勝利の女神がほほえむのか、誰もが予想できない展開となった。その追い詰められた状況の中、富樫勇樹は平常心を忘れず、ポジテイブな姿勢を崩さなかった。そして、ついに勝ち得た栄冠。代表活動を控えた忙しいスケジュールの合間を縫って、富樫本人に今シーズン、そしてファイナルを振り返ってもらった。

逆境を乗り越えながら強くなっていったチーム

 そろいのTシャツとキャップを身につけた選手たちの真ん中でキャプテンの富樫勇樹が高々と優勝カップを掲げた。宇都宮との壮絶な戦いを制して勝ち取った千葉初のリーグ優勝。


「めちゃくちゃうれしいです。と同時に今、すごくホッとしています」。過去2度ファイナルの舞台に立ちながらつかみきれなかった王者の座。大会後の富樫の言葉には、その“3度”を経験した者の正直な気持ちが表れていたように思う。が、それが“3度目の正直”へのプレッシャーになったか?と聞けば「それはないです」とキッパリ答えた。


「今回のファイナルに向けての自信はすごくあったしブレッシャーはなかったです。1勝1敗で迎えた第3戦もいつもどおりというか、特別気負うようなことはありませんでした」


 チームの完成度だけ見れば「2年前のチームの方が上だったかもしれない」と言う。


「でも、今年はチームからコロナの陽性者が出たことで試合も練習もできなくなったり、(試合が)再開してすぐ3連敗したりといろいろ大変なことがあった中で、チームがよりまとまっていった気がするんですね。いい意味での危機感やそれに伴う闘争心が生まれて、いい方向に進んでいくのを感じました」


 つまりは幾多の厳しい状況が逆にチームを一つにしていったということだろう。同様のことはこのファイナルでも言えた。たとえば第3クォーターの残り6分14秒、千葉3点ビハインド(41-38)の場面で富樫が犯した3つ目のファウル。宇都宮のエース比江島が速攻に持ち込むのを制したいわば『覚悟のファウル』だったが、後に富樫はこう述べている。

松原貴実(構成:バスケットボールキング編集部)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント