IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石橋貴明が語る! 高校野球名勝負
石橋貴明が考える、原監督の野球の原点
「東海大相模を率いた父・貢氏の影響大」

アプリ限定

帝京高校野球部出身の石橋貴明。控え投手でベンチ入りはかなわなかった
帝京高校野球部出身の石橋貴明。控え投手でベンチ入りはかなわなかった【水上俊介】

 高校野球が好きな石橋貴明さんに「夏の甲子園・名勝負ベスト3」の選定をお願いするも、あまりにも思い入れが深すぎて順位付けが困難に。それなら春のセンバツも含め、印象に残っている名勝負に名選手、すべて語ってもらいましょう! 第2回は東海大相模の原辰徳、“サダさん”こと鹿児島実の定岡正二、そして夏の甲子園・伝説の名勝負「箕島対星稜」について語ります。(取材日:2020年7月24日)

原辰徳監督の原点は父・貢氏の野球

――タカさんが最も衝撃を受けた江川卓さんが作新学院を卒業した次の年(1974年)から、金属バットが解禁となりました。高校野球の歴史において、大きな転換点になったと思います。


 そこで登場したのが東海大相模の1年生、原辰徳さんですよね。原さんだけじゃなくて、津末(英明)さんもよく打つ。強かったもんなぁ。今、原監督が率いる巨人の野球を見ると、そのルーツは東海大相模にあるじゃないかと思うんです。原さんはとにかく仕掛けてくる。レギュラーを固定せずに、調子のいい選手を積極的に使い、時には、坂本(勇人)や岡本(和真)にも送りバントのサインを出すことがある。


 これは僕の持論なんですけど、プロ野球の監督は新人時代の監督の野球に近づいていくと思うんです。原さんが巨人に入団したときの監督は藤田(元司)さん。だから、藤田さんのようなディフェンシブな野球を見せるのかと思ったら、そうではなくて攻撃的。これはお父さん(故・原貢氏)の野球ですよね。

東海大相模時代の原辰徳。父であり監督の貢氏とともに3年連続で夏の甲子園に出場した
東海大相模時代の原辰徳。父であり監督の貢氏とともに3年連続で夏の甲子園に出場した【写真は共同】

――原貢さんの言葉に「攻撃は最大の防御なり」がありますが、それを体現していますね。


 甲子園でも負けそうな展開から、9回2アウトから盗塁を決めて、ギリギリで追いついた試合がありました。ギャンブルみたいな野球だけど、ちゃんと決めてくる。でも、その東海大相模も優勝はできなくて、1年の夏に立ちはだかったのが鹿児島実の定岡正二。準々決勝で東海大相模に競り勝って、当時は「誰だよ、鹿児島実の定岡って!」という感じでしたね。カクテル光線が映えるナイター。延長戦、東海大相模のチャンスの場面で、ライトとセカンドの間に落ちそうなフライを、セカンドが後ろ向きで捕ったファインプレーがあったんですよ。あれは、「捕った」のか、「入った」のか……。


――その後、定岡さんとは『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』でよく共演しましたね。


 サダさんは準決勝の防府商戦で、走塁のときにホームで手を突いて、投げられなくなってしまったんです。優勝は、土屋正勝さんがいた銚子商。サダさんは「あの試合でケガをしていなかったら、土屋に勝っていた」とよく言っていました。それくらい調子が良かったみたいです。このあたりの話も好きなんですけど、夏の甲子園で名勝負ベスト3を選ぶのは、本当に難しいなぁ……。


――もう順位付けは置いておいて、タカさんが印象に残っている高校野球の名勝負と名選手、すべて語ってください!

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』(インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』(カンゼン)、『部活はそんなに悪者なのか!? 脱ブラック部活! 現役教師の挑戦』(インプレス)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント