IDでもっと便利に新規取得

ログイン

投手・大谷翔平はどう進化を遂げるか?
手術明けのシーズン見どころを考える

アプリ限定

今年に限っては、優先すべきものが別にある

右ひじの手術から2年弱。投手・大谷はどのような形で進化を遂げるのか
右ひじの手術から2年弱。投手・大谷はどのような形で進化を遂げるのか【写真は共同】

「自分の何が有効で、何が有効でないか。まずは、全く日本と同じ感じでやってみて、その中でここはいいな、ここは良くないな、修正しないといけないな、というのがあった」


 現地7月4日の独立記念日。恒例の花火大会が各所で中止となり、例年とはまったく違う空気の中で迎えたその日、キャンプが再開してから初めてリモート会見に応じた大谷翔平(エンゼルス)は、2018年に得た経験について問われると、そう振り返った。


「そこが一番勉強にはなったかなとは思うんですけど、勉強になった時点でけがをしてしまったので、それを今年どれだけ生かせるか」

 では、勉強になったこととは何か。修正すべき点とは? 


 後日、そう尋ねると大谷は「一昨年の反省が、今年じゃあ、最初から狙って改善されるかどうかっていうのはちょっと考えていることとは違うかな」と答えた。今年に限っては優先順位において、別のものがあるという。


 それは「フィジカル面」と大谷。


「その中で出た課題を今年中に改善していきたいなと思ってますし、もちろん、一昨年に出た課題もその中で改善できればベスト」


 手術をした右肘、左膝は無事に60試合を乗り切れるのか。ただ、その懸念が早々に払拭(ふっしょく)され、一昨年の課題にも取り組める余裕があるとしたら、投手・大谷は2年前の経験をどう生かし、変化していくのか。

バウアーが驚いた、大谷の球の軌道

5年連続2ケタ勝利のバウアーも大谷の球の軌道には驚いたという(写真は2018年の大谷)
5年連続2ケタ勝利のバウアーも大谷の球の軌道には驚いたという(写真は2018年の大谷)【Getty Images】

 昨年末、過去5年連続で二ケタ勝利をマークし、米野球界に「エッジャートロニック」という超スローモーションカメラを定着させ、球種ごとに理想の軌道を作る「ピッチデザイン」という概念を持ち込んだトレバー・バウアー(レッズ)が来日したのは、NHK-BS『ワールドスポーツMLB』が番組で開発した「AR(拡張現実の技術)」の体験が、一つの目的だった。


 そのシステムでは、打者から自分のボールがどう見えているのか――つまり、自分が投げるボールの軌道を打席で体験できる。一度は台風19号の影響で来日が中止となったが、彼の強い希望で、11月下旬の来日が決まった。


 そのときの収録で、彼は自分自身とも対戦したが、大谷のフォーシームとフォークの軌道も合わせて体験すると、思わずうなった。


「まったく見分けがつかない。途中まではまったく同じ軌道。これほどまで見事にピッチトンネルが構成されているとは」

丹羽政善
丹羽政善

1967年、愛知県生まれ。立教大学経済学部卒業。出版社に勤務の後、95年秋に渡米。インディアナ州立大学スポーツマネージメント学部卒業。シアトルに居を構え、MLB、NBAなど現地のスポーツを精力的に取材し、コラムや記事の配信を行う。3月24日、日本経済新聞出版社より、「イチロー・フィールド」(野球を超えた人生哲学)を上梓する。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント