IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇都宮・比江島慎が「秘密の暴露」
先輩の辻直人に“カウンター”を決める

アプリ限定

高校、大学の先輩後輩関係にあたる比江島慎(写真左)と辻直人(写真右)。番組内での“暴露大会”では比江島の勝利!?
高校、大学の先輩後輩関係にあたる比江島慎(写真左)と辻直人(写真右)。番組内での“暴露大会”では比江島の勝利!?【(C)B.LEAGUE】

 4月12日、スポーツナビライブ配信ページとBリーグ公式YouTubeにおいて、『B.LEAGUE EVERYWHERE スポナビ×Bリーグ スペシャル番組』の第3回が配信された。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により全試合中止となった2019-20シーズンのBリーグだが、『ファンの皆さまにいつでもどこでもB.LEAGUEを感じていただく』ことを目的とした“B.LEAGUE EVERYWHERE” の取り組みの1つとして当番組を配信している。


 今回は5月に開催が予定されている「B.LEAGUE AWARD SHOW 2019-20」にフィーチャーし、注目の新人賞候補をB.LEAGUE公認アナリストの佐々木クリス氏が独自の目線で解説。また、視聴者から出演希望の声が高かった比江島慎(宇都宮ブレックス)が登場し、今シーズンを振り返った。大河チェアマンがファンの質問に答える「教えて! 大河チェアマン」、さらには投票が開始された「B.LEAGUE MASCOT OF THE YEAR 2019-20」の中間発表、AR技術を活用したコンテンツ「#5Gバスケチャレンジ」の紹介などと盛りだくさんの内容となった。

新人賞候補を佐々木クリス氏が紹介

 佐々木クリス氏は50人におよぶ新人賞候補者から、「出場機会」と「ゲームへのインパクト」を基準に10人をピックアップし、プレー映像とともに選考理由を解説。特に「クリスが選ぶ新人王最終候補」として紹介したのはコー・フリッピン(千葉ジェッツ)と前田悟(富山グラウジーズ)の2名だ。


 フリッピンについては「まず激戦区の東地区で勝率.700をマークした千葉ジェッツにおいて33試合に出場したことが素晴らしい。富樫(勇樹)選手に次ぐボールハンドラーとして存在感が増していた。(特別指定選手の経験もない)プロデビュー1年目という点もポイントになる」と、新人最多の75アシストをマークした大型ガードを評価した。


 一方、前田については「平均27.4分の出場で既にリーグトップクラスの3P精度(39.9%)を誇り、富山のオフェンスに必要なスペーシング効果を担った。先輩Bリーガーに一切引けを取らないフィジカルも武器に、ディフェンスでの貢献度も高かった」と、新人王権利者の中で唯一の平均2桁得点を記録しているシューターを攻守両面で称賛した。

『バスケットボールキング』編集部
『バスケットボールキング』編集部

日本バスケを盛り上げよう! 2016年に生まれたプロバスケットボールリーグ、「Bリーグ」と時を同じくして立ち上がった、日本バスケの魅力を伝えるバスケットボール専門サイト。男女日本代表、NBA、高校バスケもアツくフォローしています。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント