IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台湾プロ野球、世界に先駆けて「開幕」
現地で見えたウイルス対策、選手たちの声
4月12日に開幕した台湾プロ野球。新型コロナウイルス感染の影響で、スタンドには観客を入れず試合を開催
4月12日に開幕した台湾プロ野球。新型コロナウイルス感染の影響で、スタンドには観客を入れず試合を開催【駒田英】

「プレイボール!」


 4月12日午後5時6分(現地時間、以下同)、観客のいない台湾中部・台中市の台中インターコンチネンタル球場に球審の声が響いた。


 中信兄弟の先発・ミランダ(昨季まで福岡ソフトバンク)が、統一セブンイレブン・ライオンズの1番打者に投げ込んだ直球が外角いっぱいに決まり、今季の台湾プロ野球(CPBL)の公式戦がスタートした。試合は1対1で迎えた延長11回表、統一が連続適時打で3点を勝ち越すと、そのまま逃げ切り。今季からチームを率いる林岳平監督へ、世界で「いの一番」となる勝利をプレゼントした。


 新型コロナウイルスのパンデミックにより、各国のプロ野球の開幕時期が不透明となる中、無観客ながら、世界に先駆けて「開幕」にこぎつけたCPBLに今、世界的な関心が集まっている。北部・桃園市の桃園国際球場で11日に予定されていた開幕戦、楽天モンキーズと中信兄弟の試合は雨で流れ、12日もグラウンドコンディション不良で中止に。それでも結果的に「開幕戦」となった台中の試合を各国のスポーツメディアが報道。野球に飢えた世界各国のファンがインターネット中継の前に集まった。

「先手、先手」の対策

球場のスタンドには、医療看護、防疫スタッフへの感謝のメッセージも(大型スクリーンの下)
球場のスタンドには、医療看護、防疫スタッフへの感謝のメッセージも(大型スクリーンの下)【駒田英】

 では、台湾プロ野球はいかにして「開幕」できたのか。まずは、台湾における新型コロナウイルス感染状況、政府の対策、CPBLの取り組みなどを紹介しよう。


 台湾における新型コロナウイルス感染症の状況は、14日午後2時現在、感染者が累計393名、死者6名、隔離解除数が124名となっている。連日、海外からの帰国者を中心に新たな感染者が確認されてきたが、この1週間あまりは一桁台に留まり、14日は3月9日以来、36日ぶりに新規の感染者数が0となった。感染経路が不明なケースもあり油断はできないが、爆発的な拡大を抑え込んでいるといえる。


 もともと大部分を輸入に頼っていたサージカルマスクも、政府が国内メーカーから一括で買い上げ、製造増によって供給量を安定させた。そして、健康保険証のシステムを活用することで、現在は2週間で9枚購入できるようになり、コンビニでの受け取りも可能となった。

 

 2003年のSARSの経験、スペシャリストの重用、中国への警戒感など、現時点における台湾の「成功」にはさまざまな理由が挙げられる。その中でも政府が感染拡大防止のために、「先手、先手」の対策を打ち出していることが大きいだろう。中央感染症指揮センターが毎日記者会見を実施し、陳時中指揮官が丁寧な説明を行っている事も、国民の安心感につながっている。

上限150人入場から、完全無観客へ

感染拡大防止の為、ファンの入場は禁止されている
感染拡大防止の為、ファンの入場は禁止されている【駒田英】

 CPBLも政府と足並みをそろえ、防疫対策を行っている。オープン戦は当初、球場の入口でアルコール消毒、サーモカメラによる検温を行い、ファンの観戦を認めていたが、感染拡大を受け、公式戦延期による追加分から無観客開催へ方針転換。今季から味全ドラゴンズが加わり5チームとなった二軍は一足早く3月17日に開幕したが、こちらも史上初めて無観客で実施されている。


 そして、東京五輪最終予選の延期などにより、開幕が2度延期された一軍公式戦は当初、シーズンチケットの購入者、上限150人の入場を認める方針だった。だが、衛生福利部(日本の厚生労働省に相当)や各自治体と協議の結果、「何よりも集団感染のリスクを減らし、ファンの方々の健康や安全を最大限考慮」(CPBL幹部)するため、完全無観客での実施が決定した。


 なお、今後、感染拡大に伴う政府の外出禁止令、あるいはコーチ・選手・スタッフなどに感染者が出た場合、リーグは中断されるという。CPBLの呉志揚コミッショナーは、今季はオールスターゲームが中止となる上、オフのアジアウインターベースボールリーグの開催も見送らざるを得ないが、4チームが120試合戦えるよう全力を尽くしたい、と述べている。

取材はマイク使用で「ソーシャル・ディスタンス」確保

囲み取材ではマイクを使い、報道陣との「ソーシャル・ディスタンス」を確保
囲み取材ではマイクを使い、報道陣との「ソーシャル・ディスタンス」を確保【駒田英】

 CPBLでは選手に対しても、日常生活の意識向上、球場入場時の検温はもちろん、試合中のツバ吐きに加え、それにつながる噛みタバコ、ひまわりの種を口にすることを禁止。手洗い・アルコール消毒の励行などのガイドラインを設けた。ファンに対しては、球場や球団施設、宿泊ホテルでの「出待ち」などを禁止したほか、人気選手を使った啓蒙ビデオを作成、注意喚起を行っている。


 メディアやスタッフについても、政府の方針に従い、球場への立ち入り人数の制限を設けており、入場者把握の為の事前申告、入場時の検温、アルコール消毒、健康申告書の提出を義務付けている。また、囲み取材も選手・コーチはマイクを使うことで、報道陣との「ソーシャル・ディスタンス」を確保している。


 このような政府、CPBLによる各対策、各球団の行動により迎えられた「開幕」。蔡英文総統は12日、自身のSNSに中信兄弟対統一のTV中継を愛猫のクッキーとともに観戦する写真をアップロード。国民が感染拡大防止の為に力を合わせてきた結果、世界で最初に「開幕」できたと、喜んだ。

<次ページは選手たちの声を紹介>

駒田英

台湾野球好きが高じて2006年に来台。語学学校でまず中国語を学び、その後、大学院で翻訳を専攻。現在、政府系国際放送局で日本語放送のパーソナリティーを務め、スポーツ番組も担当。『台湾プロ野球<CPBL>観戦ガイド 』(ストライク・ゾーン)に執筆者の一人として参加した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント