IDでもっと便利に新規取得

ログイン

侍Jの投手が師事する“ゴッドハンド”
選手の能力を高めるメソッドとは?

オリ山岡らの指導に加え、高校野球界でも名を馳せる

山岡泰輔(写真)や高橋礼といった代表クラスの投手が師事する、高島誠トレーナーとは何者なのか
山岡泰輔(写真)や高橋礼といった代表クラスの投手が師事する、高島誠トレーナーとは何者なのか【Getty Images】

 こんがり焼けた肌と唇の周りに蓄えられた髭が独特の存在感を醸し出すその男は、ワシントン・ナショナルズのトレーナー時代にメジャーリーガーたちから“ゴッドハンド”と厚い信頼を寄せられたという。


 広島県東広島市でトレーニングジム「Mac's Trainer Room」を主宰する現在、シーズンオフになるとオリックス・山岡泰輔や福岡ソフトバンク・高橋礼という日本代表クラスが師事する。人間の身体動作を熟知し、ラプソード(投球用3Dトラッキングシステム)やモータス(投手の肘に装着できるウェアラブルデバイス)など最新テクノロジーを駆使して、パフォーマンスアップや故障予防につなげている。


 平日の練習時間が50分に限られるなか「フィジカル&データ革命」で名を馳せ、昨年初めてプロ野球選手を輩出した武田高校の強化メニューを担当するのもこの男だ。


 高島誠、40歳。「野球パフォーマンスアップスペシャリスト」を名乗る“凄腕”の評判は、ツイッターやYouTubeで広まりつつある。知名度こそ本家に劣るが、高島が行っていることは「日本版ドライブライン・ベースボール」のようなものなのだろうか(※敬称略、以下同)。

本家・ドライブラインに勝っている!?

「ドライブラインに勝っていると思うんですよね。そこまで言うと、怒られるかな(笑)」


 アメリカのシアトルにあるトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」は近年、日本でも有名になった。


 通常より重いボールと軽いボールを投げてトレーニングし、球速をアップさせることができる──。普段と異なる負荷が肩や肘にかかるため、故障者も多い──。


 ドライブラインで腕を磨いてメジャーで5年連続二桁勝利を成し遂げたトレバー・バウアー(レッズ)の名とともに、まるで都市伝説のようにその「一部」だけが一人歩きしている。2019年オフに今永昇太(横浜DeNA)や藤浪晋太郎(阪神)が渡米してトレーニングし、埼玉西武や千葉ロッテが若手選手を派遣したことから、海の向こうの“得体のわからないもの”に興味をかき立てられる者が多くいるのかもしれない。

高校生なら「140キロは絶対に投げられる」

高島は自らの方法論に絶対の自信を持つ。球速を上げるための方法は「7割方」確立されていると話す
高島は自らの方法論に絶対の自信を持つ。球速を上げるための方法は「7割方」確立されていると話す【スポーツナビ】

 一方、高島が「ドライブラインに勝っている」と豪語するのは、プロやアマの選手と二人三脚で「理論と結果」を積み上げている自負があるからだ。高島の方法論を知る者や、2月1日に開催された「SAJ2020(スポーツアナリティクスジャパン2020)」で講演を聞いた者なら、自信満々の言葉に頷けるかもしれない。


「高校生の投手なら、自分で『行ける』と思えば140キロは絶対に投げられる。ちゃんと会話ができて、トレーニングを継続的にやってくれれば、高校生投手の全員がプロに行ける可能性がある」


 高島によると現在、球速を上げるための方法は「7割方」確立されているという。


 一つ断っておくと、球速は投球パフォーマンスにおける一つの指標にすぎない。スピードは数字で表せるから分かりやすい一方、盲目的な信者を生みやすいのも事実だ。


 例えば、速い球を投げるのはリスクもある。力を生み出した際の負荷が肩や肘にかかり、故障の引き金となりかねない。パフォーマンスアップと故障予防はセットで行うことが不可欠になる。

メディシンボール投げの目的とは

 投球パフォーマンスを高めるための要素として高島が挙げるのは、「筋力」「身体操作性」「筋出力」「柔軟性」の4つだ。


「重要なのは、それらを『感覚』として一致させられるか。感覚を理解させるためのトレーニング、という位置付けになります」


 感覚をつかむために、例えばメディシンボールを投げるというメニューがある。このオフ、ソフトバンクの高橋が高島のジムで行った動画をツイッターで見た人もいるだろう。

 高橋にとってこのトレーニングの目的は、「右打者の外角への速球を強くすること」だ。内角には強い速球があり、外に磨きをかけることで投球全体としてレベルアップすることができる。


 アンダースローの高橋は打者にボールを投げる際の並進運動で、「前に行けていない」という課題があった。そこで前に行く感覚を体で覚えるため、メディシンボールでトレーニングを行った。加えて柔軟性がもう少し必要で、それを出すためのメニューにも取り組んだ。


 そうして「前に行ける」ようになれば、次に求められるのが「感覚」だ。投球における一連の動作をリリース時に「感覚」として一致させることで、初めて質の高い球を繰り返し再現できるようになる。

中島大輔
中島大輔

1979年埼玉県生まれ。上智大学在学中からスポーツライター、編集者として活動。05年夏、セルティックの中村俊輔を追い掛けてスコットランドに渡り、4年間密着取材。帰国後は主に野球を取材。新著に野球界の根深い構造問題を描いた『野球消滅』(新潮新書)。2013年から中南米野球の取材を行い、2017年に上梓した『中南米野球はなぜ強いのか』がミズノスポーツライター賞の優秀賞。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント