IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今季J1に“個人昇格”した精鋭たち
J2得点王ら注目選手9人をセレクト

アプリ限定

J3、J2で結果を残し、個人昇格を果たしてきたレオナルド。浦和に加入し、ついにJ1まで上り詰めた
J3、J2で結果を残し、個人昇格を果たしてきたレオナルド。浦和に加入し、ついにJ1まで上り詰めた【Getty Images】

 上のカテゴリーに昇格するために1年を戦った結果、昇格を逃したものの、そのパフォーマンスが認められ、上のカテゴリーから引き抜かれる選手たちがいる。いわゆる“個人昇格”の選手たちだ。その中でも活躍が期待されるよりすぐりの9人をセレクトした。

File.1:仙頭啓矢(MF)

昨季、京都でついに才能を開花させた仙頭。盤石の布陣を誇る前年王者の中でスタメンを勝ち取れるか
昨季、京都でついに才能を開花させた仙頭。盤石の布陣を誇る前年王者の中でスタメンを勝ち取れるか【Getty Images】

【仙頭啓矢のプロフィール】

京都橘高→東洋大→京都サンガF.C.(J2)→横浜F・マリノス(J1)

1994年12月29日、170センチ・63キロ、大阪府出身


 京都橘高時代に“仙頭・小屋松コンビ”として高校選手権を席巻したのは7年前のこと。当時からポテンシャルを高く評価されていたアタッカーが昨シーズン、ついにブレークの時を迎えた。


 アシスト数は前年の6から微増の7にとどまるも、ゴール数は1から10へと大きく飛躍。チームの攻撃的なスタイルに呼応するように、得点に直結するプレーを常に選択し、“怖さ”を漂わせるようになったことが圧倒的な数字を残せた一番の理由だろう。


 右ウイングにはJ1のMVPを獲得した仲川輝人やエジガル・ジュニオ、古巣に復帰した水沼宏太など、強烈なライバルが待ち受けているものの、ボランチより前のポジションならどこでもこなせるポリパレントさも大きなストロング。昨年王者に頼もしい万能戦士が加わった。

土屋雅史
土屋雅史

1979年生まれ、群馬県出身。高崎高校3年時には全国総体でベスト8に入り、大会優秀選手に選出。2003年に株式会社ジェイ・スポーツへ入社。Jリーグ中継担当などを経て、現在は「Foot!」プロデューサー。年間観戦試合数は現場、TV中継含め1000試合に迫ることも。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント